FC2ブログ

記事一覧

松尾貴史「コロナ場泥棒的悪辣」検察庁法改正案に抗議(2020年5月10日配信『日刊スポーツ』)

キャプチャ
松尾貴史

 東京高等検察庁の黒川弘務検事長の定年延長問題が注視される検察庁法改正案について、ツイッター上ではハッシュタグ「#検察庁法改正案に抗議します」がトレンド入りした。

 衆院内閣委員会で8日、検察官の定年を65歳に引き上げ検察庁法改正案が実質審議入りした。ツイッターでは9日午前9時までに「#検察庁法改正案に抗議します」のツイート数が140万件を超えた。

 俳優の松尾貴史はツイッターで「#検察庁法改正案に抗議します」を付け、「明らかに自分とその周辺の訴追から逃れるためとしか考えられないコロナ場泥棒的悪辣をこれ以上許してしまったら、不可逆的に国が破壊されてしまいます。なぜ法務大臣が『審議拒否』するような悪法を強行しようとするのかは明白」とした。



小泉今日子、検察庁法改正案への抗議ツイート連投(2020年5月10日配信『日刊スポーツ』)

 女優の小泉今日子(54)が、東京高等検察庁の黒川弘務検事長の定年延長問題が注視される検察庁法改正案への抗議を繰り返した。

 小泉は8日深夜、自身が設立し代表を務める制作会社「明後日」のツイッターを更新。トレンド入りしているハッシュタグ「#検察庁法改正案に抗議します」を付けてツイートした。

 その約1時間後にも「もう一度言っておきます!」と、再び同ハッシュタグを付けてツイート。また、同ハッシュタグのツイート数が100万件を超えた時点で「1.000.000超えました。この目に焼き付けました」とし、さらに9日朝にも同ハッシュタグを付けてツイートした。

 ハッシュタグ(#検察庁法改正案に抗議します)で賛意を示したのは、俳優の浅野忠信さん、秋元才加さん、漫画家のしりあがり寿さん、羽海野チカさんら。

 なお、9日午後に10万件程度だった投稿数は、10日午前3時ごろに100万件を突破。同日午前9時の時点で170万件を超えている。「三権のバランスをくずすこと、国を『国民』ではなく『自ら』の都合のよい形にするのはやめてほしいです」という声があがり、著名人に対しては「勇気あるツイートに感謝します」「とっても頼もしい」という賛意も寄せられた。

キャプチャ

キャプチャ3

キャプチャ2

キャプチャ4



キャプチャ



「三権分立どこいった?」と批判続出。#検察庁法改正案に抗議がTwitterでトレンド入り。黒川弘務氏の定年延長に(2020年5月10日配信『ハフポスト日本版』)

 行政による「検察の私物化だ」などと批判の声が強く上がっている。

 検察官の定年を65歳に引き上げる法改正案に反対する声がTwitter上で高まっている。Twiiterでは「#検察庁法改正案に抗議します」が、約200万を超えるトレンド入りした(5月10日午前10時時点)。

 政治家だけではなく、俳優、音楽家らが疑問の声を上げ、行政による「検察の私物化だ」などと批判の声が強く上がっている。外出自粛で街に出るデモはできないものの、「家で出来る抗議活動」が広がっている。

 検察庁法改正案は検察官の定年を65歳に引き上げ、内閣の判断により検察幹部の「役職定年」を延長することを可能とするもの。

検察庁法改正案の実質的な審議は、5月8日に衆議院内閣委員会で与党が強行する形で始まった。

5eb75016250000dc15eb12a4.jpg
黒川弘務東京高検検事長

審議入りした検察庁法の改正案は、安倍内閣が1月末、同政権に近いとされる黒川弘務・東京高等検事長の定年の延長を閣議決定した。

同法律の改正が実現されれば、検察官の定年を63歳から65歳に延長されることになり、黒川氏が検察組織のトップである「検事総長」の役職に就く道を作ることになる。

法改正への批判は、政治家らをはじめ芸能界や著名人などにも広がっている。

俳優の井浦新さんはTwiiterで、ハッシュタグ『検察庁法改正案に抗議します』を付けた上で「もうこれ以上、保身のために都合良く法律も政治もねじ曲げないで下さい。この国を壊さないで下さい」と綴り、法改正の審議入りを批判。

タレント・俳優の秋元才加さんや俳優の浅野忠信さんも抗議への意思を示した。

キャプチャ

8日の衆議院内閣委員会で野党側は、「検察官を官邸に従属させる」などと批判を強め、黒川検事長の定年延長も撤回すべきと求めた。

野党の立憲民主党は公式Twitterで、検察官の定年を延長することの問題点を指摘。

「検察官は国家公務員法の定年延長適用しないという政府解釈を無視」「政府から変更理由の説明がない」「検察の中立性に対する信頼を失う」を3点を挙げた。

キャプチャ2

トレンド入りしている検察官の定年延長の問題、そもそもの問題点は?ぜひ動画を見てください!

動画サイト➡ここをクリック

⑴ 検察官は国家公務員法の定年延長適用しないという政府解釈を無視
⑵ 政府から変更理由の説明がない
⑶ 検察の中立性に対する信頼を失う (2/27)

検察組織の中立性については、「三権分立はどこへいった?」「実現したら、それぞれの権力のバランスがおかしくなる」「この(安倍)政権一体どこまで横暴なんだ」「コロナの混乱の影に隠れてその裏でこんな事がまかり通ることは許されない」などと、国民からも怒りや疑問の声が多くあがっている。



EXoR0YdUMAMirJ9.jpg

キャプチャ




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ