FC2ブログ

記事一覧

「看護の日」 ナイチンゲール生誕200年

mig.jpeg



「看護の日」(2020年5月12日配信『東奥日報』-「天地人」)

 わら製のベッド、汚物まみれの病室、軍服姿で硬い床に寝かされた患者…。1854年、女性看護師38人を連れクリミア戦争に従軍した英国のナイチンゲールは、野戦病院の惨状に絶句する。

 台所や洗濯場を設けて不衛生な環境を一新、栄養価の高い食事を提供して昼夜の別なく救護した。灯火を手に毎夜病棟を見回り「ランプの貴婦人」と呼ばれる。着任直後43%だった患者死亡率を半年間で2%に激減させた。

 近代看護の手本となった活動は海を越え日本にも伝わった。戊辰戦争下で初の女性看護師が生まれ、日本赤十字社が戦傷病兵看護を目的に本格養成に乗り出す。看護師の歴史は戦争に重なる。

 海外の政治家は新型コロナウイルス対応を戦争に例える。国際看護師協会の推計では世界の看護師260人超が感染により死亡、感染した医療従事者は9万人という。本県でも十和田市立中央病院の看護師4人が院内感染した。クリミア戦争の厳しい環境で救護に当たった貴婦人たちと同様、現代の医療従事者も過酷な状況に置かれている。

 正体不明の芸術家バンクシーは6日発表した新作で、看護師が子供たちの新たなヒーローになったと表現した。まったく同感である。きょうはナイチンゲールの誕生日にちなむ「看護の日」。看護の心を分かち合おうとの趣旨だが、今年は最前線で戦う全ての医療従事者に感謝をささげたい。



きょうはフローレンス・ナイチンゲール生誕200年の記念日…(2020年5月12日配信『西日本新聞』-「春秋」)

 きょうはフローレンス・ナイチンゲール生誕200年の記念日。先日も小欄で触れた彼女の人生に改めて思いをはせ、医療現場で奮闘する看護師の方々に感謝と敬意を表したい

▼総務省統計局のホームページ(HP)にこんなコーナーがある。「ナイチンゲールと統計」。クリミア戦争で英国の従軍看護師として活躍した彼女は帰国後、戦死者に関する膨大なデータを分析した

▼死因の多くは戦闘による傷そのものではなかった。野戦病院での劣悪な治療や衛生環境が延命を阻んでいた。彼女はそれをグラフで表し、病院改革を提唱、けん引した統計学者でもあった。HPではそんな姿を紹介している

▼ドイツのメルケル首相、ニュージーランドのアーダン首相、台湾の蔡英文総統…。世界で今、冷静なコロナ対策を進めて実績を挙げている国・地域のリーダーはくしくも女性が目立つ。歴史の因縁なのか

▼日本でも自治体の首長でみると、小池百合子東京都知事が感染爆発阻止に向けた情報発信で一定の存在感を示した。そうした姿と比較して、どこかの大統領や首相の動きは場当たり的で頼りなく見えてしまうのだが…

▼思い起こせば、昨年の通常国会は厚生労働省による毎月勤労統計の不正問題で揺れた。まだ忘れるには早い。コロナの封じ込めは感染者数などの正確な統計と分析にかかっている。ゆめゆめ偽りがないよう、しっかり目を凝らしておきたい。



ナイチンゲール生誕200年(2020年5月12日配信『しんぶん赤旗」-「潮流」)

 きょう5月12日は、近代看護の創始者、フローレンス・ナイチンゲールが生まれてからちょうど200年。公衆衛生の抜本的な改革にも取り組みました

▼ナイチンゲールの名を一躍有名にしたのは英仏がロシアと争ったクリミア戦争(1853~56年)です。イギリスから看護団を率いてコンスタンチノープルの対岸のスクタリにある病院に着くと、患者であふれていました

▼懸命な看護にもかかわらず、病院で息を引き取った兵士のうち、戦傷によるものが4000人。これに対し、感染症(コレラが中心)で死んだのは1万9000人にのぼりました。3週間に医師が4人、看護師3人が亡くなっています

▼ナイチンゲールは雑役兵に、病室の床板をみがき、便器代わりに病棟に置かれた木製のタライを時間ごとにきれいにするよう命じ、ボイラーを購入して洗濯場をつくるなど、清潔な環境づくりに力を尽くしました

▼必要な補給品が目と鼻の先の倉庫にあるのに、軍のあしき慣習で届きませんでした。このとき一人の女性が力を発揮した、と同時代のマルクスが書いています。「誰一人自分の責任で緊急の必要に応じ、しきたりを破って行動する気力のある者はいなかった。それをあえてやった人物こそ、ミス・ナイチンゲールだった」

▼手洗いの奨励、窓による自然換気、密集を避けるための病床空間の確保、正確な病院統計の必要など、ナイチンゲールの衛生思想は徹底していました。今に生かせる提言、実践が多いことに驚かされます。



スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ