FC2ブログ

記事一覧

「平和へ」今できること模索・挑戦 高校生大使 オンラインで近況報告(2020年5月18日配信『東京新聞』)

キャプチャ
オンラインでの会議に参加した、田平彩乃さん(2段目右)ら高校生平和大使のメンバー=17日(参加者提供)

 核兵器廃絶を訴える「高校生平和大使」のメンバ17人が17日、24日に予定されている全国の中高生とのオンライン交流を前に、試験的に会議を開き、近況などを報告し合った。終了後記者会見した長崎県立長崎北陽台高3年の田平彩乃さん(17)は「今できることは限られるが、SNS(会員制交流サイト)で全国を同時に結ぶような活動が広がっている。良い機会と考え新たにチャレンジしたい」と語った。

 新型コロナウイルスの影響で、平和大使は2月下旬から活動を休止。この日の会議はビデオ会議システム「Zoom(ズーム)」を利用し、岩手、新潟、大阪、広島、福岡、長崎の平和大使が出席した。関西創価高(大阪)3年の勝川大樹さん(17)は「過去に経験がないからこそ、歴史に学び、自分たちにできることを模索する対話の意味を感じた」と話した。

 平和大使は広島、長崎両市の市民団体が1998年に始め、毎年国連機関に核廃絶の署名を届けている。2018、19年のノーベル平和賞候補となった。例年6月ごろ新たなメンバーを選ぶが、今年は、7月中の選定を目指している。




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ