FC2ブログ

記事一覧

<新型コロナ>ライブハウス 救いたい アーティスト、曲やデモ音源提供(2020年5月19日配信『東京新聞』)

 キャプチャ

 新型コロナウイルスの感染を広げる「3密」空間と指摘され、早くから営業自粛を迫られたライブハウス。再開への道筋が開けない中、ミュージシャンらが店舗への支援活動を始めた。経営者も巻き込み、輪が広がっている。

 「3月からほとんどイベントができない状態。売り上げを即、運営費に回すような店舗が多い中で、3カ月も収入が途絶えれば、持たない」

 大阪を拠点にするバンド「MASH BROWN」の小田翔武(おだしょうぶ)さん=写真(左)=は、活動場所でもあるライブハウスの苦境を知り、4月上旬、音楽仲間と共に「SAVE THE LIVEHOUSE」と題する支援を始めた。

 応援したい店舗のドリンク代金(チケット1枚600円)を前払いすると、手数料を差し引いた額が1週間程度で店側に入金される。国の補助金などは支給まで時間がかかり、「1週間、1カ月とつなぐための当座の資金が必要」と説明する。

 北海道から沖縄まで約140店が登録し、支援金は計約1400万円に。イベント再開時などに使えるよう、チケットの有効期限は6月1日から1年に設定したが「お客さんを入れた公演は当面難しそうで、最悪の想定をして動くつもり」と開始日の変更も見据える。

 バンド「東京事変」など約70組のアーティストが協力する「MUSIC UNITES AGAINST COVID-19」も4月中旬に立ち上がった。店舗を選び500円から1万円の支援を行うと、参加者が提供した貴重なデモ音源などを6月末までダウンロード可能だ。支援を求め登録済みの店舗は約240店に上る。

 ピアノの弾き語り曲を提供したCharaさん=同(右)=は、「未来の若手ミュージシャンのためにもライブハウスは絶対に必要です。音楽を愛する私たちができることを考え、曲を書き下ろしました」とのメッセージを寄せた。

 「民間の僕らが動かなきゃいけないことに腹立たしさもある」と発起人のロックバンド「toe」の山崎広和さん。周辺でも何軒かが店を閉めたが「一軒でも多く残ってほしい」と力を込める。

 活動を手伝うメンバーに、東京都内でライブハウス「FEVER」を営む西村仁志さんもいる。店は3月末から営業を自粛し、無観客のライブ配信も見合わせている。

 「自分の店の切り盛りも考えなくてはいけないが、業界全体のテンションが下がることは避けたかった」と各地の店舗に声掛けし支援の輪に迎え入れる。公演に欠かせないフリーの音響担当者らへの援助も必要と訴える。

 「新しい文化を生むために必要な場所。厳しい状況が続く中で、今回生まれた横のつながりを強めていきたい」

キャプチャ2
東京都内のライブハウス「FEVER」

MUSIC UNITES AGAINST COVID-19➡ここをクリック




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ