FC2ブログ

記事一覧

<新型コロナ>給付金申請、障害者支援を 手続き困難、諦める人も(2020年5月25日配信『東京新聞』)

 感染拡大に伴い国民に一律10万円を支給する「特別定額給付金」の申請を巡り、視覚や知的障害者の団体から支援を求める声が相次いでいる。書類やオンラインでの手続きが難しく、諦める人も。関係者は「全ての人が申請できるよう、行政の柔軟な対応が必要だ」と訴えている。

 「生活が苦しいので給付金は欲しいが、申請できる自信がないのでもらうのを諦めている」

 日本視覚障害者団体連合に最近、単身で暮らす視覚障害者からこうした声が寄せられた。

 特別定額給付金の申請は、マイナンバーカードを使ったオンラインと、市区町村から届く申請書に必要事項を記入して返送する方式の2通り。

 視覚障害者は郵送を選ぶ人が多いとみられるが、自力で書類の内容を確認して記入し、提出するのはかなり難しいという。同連合は14日、申請書類に点字や拡大文字を表記することや記入の代筆など、行政の支援態勢の確立を求める要望書を国に提出した。

 知的障害者の親らでつくる「全国手をつなぐ育成会連合会」も、平易な日本語やイラストを使った説明のほか、対面での手続きなど、自治体の柔軟な対応を求めている。

 連合会の又村あおい常務理事は「障害者だけの世帯や高齢の親と暮らす世帯も多く、給付金を理解していない場合もある。行政は申請を待つのではなく、先に手を差し伸べてほしい」と話した。

キャプチャ3

公式サイト➡ここをクリック

「新型コロナウイルス感染症への対応に関する緊急要望」

○文部科学省(PDF 137kb)
http://zen-iku.jp/wp-content/uploads/2020/05/1cov_mex.pdf
○総務省(PDF 170kb)
http://zen-iku.jp/wp-content/uploads/2020/05/2cov_sm.pdf
○厚生労働省障害福祉課(PDF 213kb)
http://zen-iku.jp/wp-content/uploads/2020/05/3cov_mf.pdf
○厚生労働省雇用対策課(PDF 93kb)
http://zen-iku.jp/wp-content/uploads/2020/05/4cov_ml.pdf



総務大臣 高市 早苗 様

(一社)全国手をつなぐ育成会連合会 会 長 久保 厚子(公印省略)

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急要望


 日ごろから、本会の活動へご理解、ご協力を賜り、厚くお礼申し上げます。
 さて、新型コロナウイルス感染症(以下「新型コロナ」という。)の感染拡大に伴い、全国へ緊急事態宣言が発令されたことを受け、本会にもさまざまな不安の声が寄せられております。また、過日決定された「特別定額給付金」(以下「給付金」という。)につ いても、たとえば単身生活する知的障害者が適切に申請、受給することができるかどう か、懸念されるところです。
 つきましては、次のとおり本会からの緊急要望を提出いたしますので、よろしくお取 計らいのほど、お願い申し上げます。なお、新型コロナについては未曽有の事態であることを踏まえ、すべての事項について完全に履行することを求めるものではなく、知的障害児者向けの対応方策の検討を本会や関係団体とともに考えていただきたい趣旨であることを申し添えます。
 なお、厚生労働省向けの要望書を別添いたしますので、ご参照いただき、情報共有の 上で連携して対応していただければ幸いです。



1 申請期間の特例設定 総務省ホームページによると、申請期限は「各市区町村における郵送申請方式の受付 開始日から3か月以内」とありますが、単身または知的障害者のみで構成される世帯の 場合には、たとえ簡便な申請様式であったとしても、申請書の内容を分かりやすく説明 し、本人の申請意思を対面で丁寧に確認しなければ手続きを進めることができないケー スが多数存在します。また、高齢の保護者と知的障害児者のみで暮らしている世帯(い わゆる8050世帯、老障介護世帯)においても、同様の申請支援が必要と思われます。
 他方で、新型コロナの特性を踏まえると、市町村や障害児者相談支援事業所が上記の 知的障害児者世帯へ出向くためには感染防止策を練る必要があり、たとえば1回当たり の訪問時間を少なくして訪問回数を増やすことで対面時間を減らすといった対応を取 った場合には申請支援に要する期間が延びることとなります。
 つきましては、本人または家族が知的障害児者である場合(療育手帳や愛の手帳、緑の手帳で確認可能)、通常の申請期間(3か月)を少なくとも「6か月」まで延長してください。その間に、厚生労働省が4月17日に発出された通知「在宅の一人暮らしをはじめとする見守り等の必要な障害者等に対する市町村が行う取組の実施について」及び令和2年度補正予算案に盛り込まれている「在宅障害者等に対する安否確認等支援事業」に基づき、知的障害児者の属する世帯が特別定額給付金の申請から漏れることのないよう、取り組んでいただくことを想定しています。

2 分かりやすい情報提供の徹底 給付金は郵送手続きが中心になることも踏まえ、個別の申請支援とあわせて、知的障害児者にも分かりやすい、平易な日本語でイラストや写真を中心とした情報提供が必要と考えます。このことは、知的障害児者だけでなく、児童や外国籍住民等にも有効です。
 つきましては、本会など関係団体と連携して、申請手順を分かりやすく示すとともに詐欺被害防止の啓発を兼ねたリーフレット(いわゆる「分かりやすい版リーフレット」) を早急に作成して公開してください。
 なお、本会においては、4月12日にホームペー ジへ「新型コロナウイルスに かからないようにするために」という知的障害児者向けの啓発リーフレットを公開したところです。

3 虐待による施設入所などの状態にある障害者への対応 障害者虐待によって自宅での生活が困難になり、施設やグループホームなどに措置さ れている障害者の多くは知的障害です。こうした障害者への給付金支給申請を虐待していた家族が行うことは、さらなる経済的虐待を引き起こす可能性が高く、障害福祉サー ビス事業者などの支援により、確実に本人へ給付される必要があります。 このことは、 行政措置の発動だけでなく、市町村が調整の上で任意に家族と障害者本人を分離した際にも同じことがいえます。
 4月27日事務連絡「虐待により施設等に入所措置等が採られている障害者及び高齢者に係る特別定額給付金関係事務処理について」において、施設等に入所などへ措置されている障害者等にについて運用指針が示されましたが、「措置入所等障害者」の範囲 が、いわゆる「やむを得ない措置」に限定されています。障害者虐待の事案ではいわゆる「やむを得ない措置」でなくとも、市町村の調整により、任意で障害者と養護者を分離するケースもあります。
  市町村の判断で、経済的虐待等があって入所施設やグループホーム、短期入所などを 利用している障害者についても、その養護者から申請があった場合であっても当該養護 には支給せず、当該障害者に支給できるようにするといった柔軟な対応ができる旨、市町村に対して明示していただくよう、お願いいたします。

以 上






スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ