FC2ブログ

記事一覧

手話通訳 マスク「口形の言葉」見えず(2020年5月31日配信『しんぶん赤旗』)

聴覚障害者が不安

 新型コロナウイルスの感染拡大にともない、多くの人がマスクを着用しています。そんな中、聴覚障害のある人たちに、「マスクで口元の動きが分からない。そもそも話されているのかも分からない」など、不安が広がっています。

キャプチャ

 手話では、手の形が同じでも、口や表情の違いで、別の単語になるものがあります。

 「口の形が分からないのでマスクを外してほしい」―。病院の診察室で聴覚障害者が、手話通訳者に求めます。診察室は患者と通訳と医師、3人が密集。通訳者は「感染したくないが、なんとか伝わるように」とマスクをずらすと、この通訳者は「マスクを外さないでください」と病院側から強く注意を受けるといいます。「手話は『表情』も重要で、意味が変わってきます。表情は文法の一つ。顔が半分見えないのに手話で理解するのは大きな障壁です」と話します。

 聴覚障害がある東京都文京区の高岡正さんは「眼科なども深刻です。部屋を暗くして目の中に光を当てたりします。暗くて通訳の顔自体が見えません。通訳と近づくと感染のリスクも高まります」と話します。

 テレビの記者会見などで、透明マスクやフェイスシールドが使用されていますが、入手しづらく、「反射して見づらい」との意見もあります。




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ