FC2ブログ

記事一覧

コロナ対策予算 財政民主主義を脅かす(2020年6月5日配信『東京新聞』-「社説」)

 コロナ対策の補正予算が膨大な額に上っている。国会での十分な議論を経ないまま編成は進み、「財政民主主義」を脅かす状況だ。政府は税の使い方をめぐるずさんな姿勢を早急に改めるべきだ。

 政府は観光や飲食業への消費支援策として第1次補正予算に1兆6794億円を盛り込んだ。「Go To キャンペーン事業」と呼ばれる対策だ。

 衆院国土交通委員会で批判が出たのは事務委託費が3095億円と全体の18%に上っている点だ。赤羽一嘉国交相は使途について「(新たに設置する)事務局の業務や人件費など」と説明している。

 だが事業に専門の事務局が必要なのか。事務作業にこれほどの予算がかかるのか。疑問は山積しており、この状況での予算執行は許されないはずだ。

 中小企業や個人事業主救済のための持続化給付金でも新たな問題が出ている。次補正で事務委託費769億円がつぎ込まれたが、2次補正で850億円を追加する案が検討されている。

 この委託費をめぐっては一般社団法人を通じた不透明ともいえる資金の流れが浮上している。給付の遅れはこれまでも指摘されてきたが、問題を放置したままでの予算追加は論外だろう。

 2次補正では10兆円の予備費が計上された。予備費は「予見し難い予算の不足に充てる」として憲法で定められている。

 予算の大半は国民から集めた税金が原資だ。使途については当然、国会での審議と議決が必要で「財政民主主義」の根幹を成す。

 しかし緊急対応のための予備費は例外として政府が支出を決められる。東日本大震災の際は二兆円程度だった。その五倍に上り消費税4%分にも相当する予算を、政府が独断で使うという図式は許容できない。組み替えて大幅減額した上で改めて審議すべきだ。
 大きな課題が起きると政府内では各省庁がさまざまな名目で関連予算を要求する傾向にある。中には必要性に疑問が残る予算も多く含まれ額は肥大化する。

 人々が苦しむコロナ禍を予算獲得合戦の具にしてはならない。そのために最も必要なのは国会で議論を尽くすことだろう。

 与野党を問わず国民の代表である議員は予算を精査し政府に問いただす義務がある。今、その機能が著しく低下しているのではないか。暮らしを守るための生きた国会審議を強く期待したい。 




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ