FC2ブログ

記事一覧

コロナ対策の20年度補正予算 厚生労働分野7300億円 緊急包括支援交付金1490億円 一般会計(2020年6月7日配信『毎日新聞』)

 新型コロナウイルス感染症対策を盛り込んだ2020年度補正予算が4月30日に成立し、一部施策の実施が始まった。一律10万円を現金給付する「特別定額給付金」など、一般会計総額は過去最大規模の約25兆7000億円にのぼるが、医療などを担う厚生労働省の予算は約7300億円で、特別会計を含めても約1兆6400億円となった。

 医療提供体制の整備にあてる予算の中心となるのは、都道府県を対象に1490億円を計上した緊急包括支援交付金だ。新たに空き病床を確保した病院に必要な経費を穴埋めする枠組みを設けた。新型コロナウイルス感染症の患者らへの支援では、都道府県が負担した患者の入院医療経費の一部を負担するために約188億円を計上した。

 品薄のマスクや消毒用エタノールなどを確保して、医療機関などに優先配布する費用に約950億円、障害者施設や保育所などのマスク配布に約260億円など、計約1840億円を確保した。障害福祉サービスを行う事業所などに向けて、都道府県が消毒用エタノール類を一括購入して配布する事業には約70億円を充てる。




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ