FC2ブログ

記事一覧

「アベノマスク」は忠誠アイテム?自民内も広がらず(2020年6月7日配信『共同通信』)

キャプチャ
5日、政府配布の布マスクを着用し、自民党本部で開かれた会議に臨む岸田政調会長(中央)(共同)

自民党議員の間で、政府配布の布マスクが広がらない。「アベノマスク」とやゆされ、多額の経費や不良品の続出で反発を招いている状況が背景にあるようだ。使用しているのは、岸田文雄政調会長を含め安倍晋三首相に近い党幹部らごく一部。使い捨てマスクの需要抑制への貢献姿勢を示そうと着用を続けるが「首相への忠誠の表れだ」との皮肉の声も漏れる。

全世帯への布マスク配布は、首相が新型コロナウイルス対策として4月1日に表明したにもかかわらず、いまだに完了していない。自民党内からは「国民はもう必要ないと思っている」(ベテラン)との声も出ている。

使用する議員は下村博文選対委員長や世耕弘成参院幹事長ら、首相の出身派閥の細田派議員が目立つ。議員のほとんどは、使い捨てマスクや後援者らから贈られた独自のマスク姿だ。

岸田氏は使い捨てとの併用で、政府の布マスクを使う。「総裁選をにらんだ『ポスト安倍』のアピールか」との臆測も広がる。党中堅は「アベノマスクが不人気なせいで、党内であれこれ勘繰られてしまう」とおもんぱかった。

一方、首相とのすきま風がささやかれる菅義偉官房長官は、アイヌ文様の刺しゅう入り布マスクで話題を集めた。定例の記者会見で、政府の布マスクを着けたことはない。




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ