FC2ブログ

記事一覧

異例の提訴 伊藤詩織さんが「セカンドレイプ」と訴えた中傷ツイートの拡散力(2020年6月9日配信『毎日新聞』)

キャプチャ

NS上で誹謗中傷を受けたとして提訴し、記者会見で質問に答える伊藤詩織さん(右)=東京都中央区で2020年6月8日午後2時33分

 性暴力被害を訴えたジャーナリストの伊藤詩織氏(31)が8日、ツイッター上の侮辱的なイラストや言葉で名誉を傷つけられたとして、漫画家はすみとしこ氏とはすみ氏の投稿をリツイートした2人を相手取り、計770万円の慰謝料、弁護士費用の支払いを求めて東京地裁に提訴した。

 伊藤氏側は、性暴力被害を訴えたことを巡って、はすみ氏から「精神障害からくる虚言」「『枕営業』の失敗からくる逆恨み」「金銭目当ての虚偽」などと愚弄(ぐろう)されたことは「セカンドレイプ(2次被害)」にあたると主張し、一連の投稿の削除と謝罪の掲載を求めた。はすみ氏はイラストについて「フィクション」と投稿している。セカンドレイプを巡る提訴は、3次被害を招く恐れがあることから異例。

 また、ネット上の誹謗(ひぼう)中傷を巡っては、女子プロレス選手の急死を受けて議論がわいており、訴訟の行方が注目される。

 伊藤氏は2017年5月、名前と顔を出して記者会見し、元TBSワシントン支局長の山口敬之氏による性暴力被害を告発。同年9月、「望まない性行為で精神的苦痛を受けた」として山口氏を相手取り東京地裁に提訴した。地裁は19年12月、被害事実を認め、山口氏に賠償命令。山口氏は不服として控訴した。山口氏は刑事事件では不起訴となっている。

 今回の訴えで、伊藤氏側は、はすみ氏による17年6月から19年12月までの五つのツイートが名誉毀損(きそん)にあたるとした。



伊藤詩織さん「誹謗中傷の苦しみを、誰にも経験してほしくない」 漫画家らを提訴(2020年6月9日配信『AERA.com』)

キャプチャ2
記者会見する伊藤詩織さん/6月8日(写真・野村昌二)

キャプチャ

「言葉は人を傷つけ、時に死に追いやってしまうこともあります。これ以上、言葉で人を傷つけることがないよう、何かアクションを起こさなければいけないと思っていました」

 ジャーナリストの伊藤詩織さん(31)は8日午後、都内で会見を開き、静かにこう語った。伊藤さんは、この日、漫画家のはすみとしこさんら3人に、計770万円の支払いを求める訴訟を東京地裁に起こした。

 2015年4月、伊藤さんは就職相談のため、元TBS記者の山口敬之氏と都内で食事をした。その際、意識を失い望まない性行為を強要された。17年5月、伊藤さんは名前と顔を出して山口氏からの性被害を訴えたが、その直後からネット上などで、第三者からの誹謗中傷が相次いだ。「死ね」、「首をはねてやりたい」など、命の危険を感じる言葉もあったという。

「夜眠れなくなり、警察に相談したものもあります」

 と伊藤さんは話す。その頃から、何らかの手を打たなければと考えていという。

 同じころ、山口氏自身に損害賠償を求めて提訴し、この裁判は昨年12月、山口氏に慰謝料など330万円の支払いを命じる判決が出たことで一つの区切りがついた。

 今年5月下旬には、プロレスラーの木村花さんがネットでの誹謗中傷が原因で自殺した。同じような苦しみを他の人に経験してほしくない、次の世代に引きついてほしくない――。その思いで今回、アクションを起こすことにしたという。

 訴状によれば、はすみさんは2017年6月から2019年12月にかけて、自身のツイッターに「枕営業大失敗」と描かれた女性のイラストや「当時米国でキャバ嬢として働いてた詩織ちゃん」などと書いた5本のツイートを投稿。イラストでは伊藤さんの名前を明示せず、「この作品はフィクション」と付記したものもあるが、イラストに描かれた女性を伊藤さんと同定することは容易に可能だと主張する。

 はすみさんは、「保守」を名乗る漫画家で、15年には難民の少女をモデルにして「他人の金で。そうだ 難民しよう!」との文言を添えたイラストをフェイスブックに投稿、その後、作品集「『そうだ難民しよう!』はすみとしこの世界」を出版し、物議をかもした。

リツイートの責任も指摘

 会見に同席した伊藤さんの代理人弁護士、山口元一弁護士は、はすみさんの投稿は、侮辱的で伊藤さんの名誉感情を深く傷つけるものだとして、 「非常に悪質性が高いと判断した」と話す。

 はすみさんには5月14日に内容証明郵便を送ったが、会見時点で連絡はないという。

 また今回は、はすみさんのほか二人に対しても提訴している。ほか二人の被告は、医師とクリエイターで、ともにはすみさんの投稿をリツイートすることで伊藤さんの名誉を傷つけたとして、「リツイートの行為主体としての責任を負うべき」(山口弁護士)と指摘する。

 ネット上の誹謗中傷は近年激しさを増している。今も相手の人格を否定し尊厳を傷つける、むき出しの悪意の言葉が飛び交う。伊藤さんは、法整備など何らかの受け皿が必要とし、今この瞬間にもネットでの誹謗中傷で苦しんでいる人に、こう呼びかけた。

「一人でいると追いつめられるので、なるべく一人でいないでほしい。私もそうでしたが、オンラインでいいので誰かと話をしてください。きっと誰かが手を差しのべてくれます」

(編集部・野村昌二)






スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ