FC2ブログ

記事一覧

【炎上】黒人への偏見アニメを放送したNHKが謝罪 / 黒人は筋肉質で怒りやすく貧乏という印象与える動画「米国大使も不快感」 世界のいま Mr.シップ(2020年6月9日配信『buzz-plus.com』)

キャプチャ

NHKが2020年6月7日(日曜日)に放送した番組「これでわかった! 世界のいま」が炎上している。この番組は黒人に対する人権侵害や偏見に関して報じており、そのなかで黒人に対する偏見が含まれたアニメを放送し、多くの人たちが不快感を示しているのである。

・問題視されているアニメーション

キャプチャ3

キャプチャ4

キャプチャ4-1

キャプチャ4-2

キャプチャ5

キャプチャ6

問題視されているのは、「これでわかった! 世界のいま」で放送されたアニメーションで、黒人がどれほど不遇な状況下で生活をしているかなどを紹介する内容となっているが、その演出があまりにもナンセンスすぎた。

・NHKに怒りの声

この番組内のアニメには、筋肉質で、怒りっぽく、そして貧困ともとれる黒人男性が現れ、格差社会についてブチギレ激怒するようすが描かれていた。良識ある人にはわかるように、黒人が筋肉質で怒りっぽいなどの印象は完全なる偏見。そんな表現をしたNHKに怒りの声が集まっているのである。

そして、一部の人たちはこの動画をインターネット上で拡散させ、日本における黒人に対する偏見を世界に伝えようとしている。

・海外で物議をかもす

しかもこのアニメーションはNHK「これでわかった! 世界のいま」公式Twitterで配信されており、誰でも見られる状態になっていた。そしてこのアニメ動画、あまりにも酷すぎるため、海外で物議をかもしており、「あまりにも酷い偏見」だと拡散されている状態なのである。

・NHKはツイートを削除するとともに動画も削除

日本における典型的な黒人に対する偏見を世界中に知らせるため、多くの人が動画を拡散している状況である。あまりにも炎上が激化したためか、NHKはツイートを削除するとともに動画も削除。そして謝罪文をPDFファイルで公開している。

ちなみにPDFファイルでの謝罪は謝罪レベルとして「謝罪の拡散を防ぐための手段」ととられることがあるため最低ランクに近い対処法ともいえる。

キャプチャ2

総合テレビの番組「これでわかった!世界のいま」のツイッターに掲載したCG アニメーションにつきまして、多くのご批判・ご意見をいただいております。
掲載したアニメーションは、6月7日に放送した「拡大する抗議デモ アメリカでいま何が」の中で放映したものです。番組では、デモの発端が、黒人男性が警察官に押さえつけられて死亡した事件であることを紹介したうえで、今回の事件に様々な人たちが怒りを募らせている背景やトランプ政権の対応とそれに対する批判、アメリカ社会の分断の現状などを26分間にわたってお伝えしました。
CG アニメーションは、番組の中で、アメリカの黒人の人たちが置かれている厳しい状況をわかりやすくお伝えしようと、格差のデータや指標とともに約1分20秒間にまとめたものです。
しかし、視聴者のみなさまから、このアニメーションについて、問題の実態を正確に表していないなどというご批判をいただき、掲載を取りやめました。
また、この番組のNHKプラスでの見逃し配信についても停止しました。 掲載にあたっての配慮が欠け、不快な思いをされた方にお詫びいたします。
いただいたご意見・ご批判を、今後の番組制作に生かしていくとともに、人権を尊重し、取材や制作のあらゆる過程で細心の注意を払うよう取り組んでまいります。



・誹謗中傷や偏見や侮蔑や蔑視から守られるべき

黒人だけでなく、世に中に住む人それぞれが誹謗中傷や偏見や侮蔑や蔑視から守られるべきであり、なにより誹謗中傷や偏見や侮蔑や蔑視という言葉が存在しない世の中を目指さなくてはならない。そう考えれば、いまの世の中が不健全な状態であるともいえる。

・NHKは剣禅の見本となる存在であるべき

NHKは日本の公共放送であり、どのメディアよりも深く人権を尊重した放送を心がけ、見本となる存在であるべきなのだが、どうしてこのようなアニメーションを放送し、ツイートしてしまったのか、多くの人たちが怒りを隠せずにいる。在日米国大使のさんは以下のようにコメントしていた。

・ジョセフMヤング駐日米国臨時代理大使のコメント

「アメリカの複雑な人種問題に対処しようとするNHKの意図は理解しているが、このビデオにもっと考えや配慮が欠けていたのは残念だ。使われている風刺画は不快で無神経です」







「粗野な戯画」「人種的無神経」 米抗議デモNHK動画、米欧メディアが一斉報道(2020年6月10日配信『毎日新聞』)

 米国の黒人男性暴行死事件に対する抗議デモを解説したNHKのニュース番組のアニメ動画が、「人種差別的だ」などと批判された問題について、米国や欧州などの主要メディアが一斉に報じた。世界的な関心を集めた米国のデモに関し、日本の公共放送が対応を誤って「炎上」し、同盟国・米国の臨時代理大使にまで批判される事態にもなったことで、注目された形だ。

 この問題を報じたメディアは、英語で書かれた電子版だけで20を超える。米国では主要通信社のAPや米軍関係者などに読者が多い星条旗新聞、有力ネットメディアのハフィントンポスト、激しい抗議デモが起きたニューヨークの地元紙ニューヨーク・デイリーニューズ、大手テレビCNNや経済通信社のブルームバーグなどだ。「バラエティー」や「ハリウッド・リポーター」など、エンターテインメント系の媒体も取り上げている。

 欧州では英国のガーディアンやロイター通信、ドイツの国際放送ドイチェ・ベレ、フランスのAFP通信などが報じている。通信社電を掲載する形で韓国やマレーシア、シンガポールのメディアも一連の動きを伝えた。





スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ