FC2ブログ

記事一覧

障害者の避難所兼交流施設 開所(2020年6月11日配信『NHKニュース』ー「北海道」)

キャプチャ

キャプチャ3

キャプチャ2

キャプチャ3-0

キャプチャ3-1

キャプチャ4

キャプチャ5

キャプチャ6

キャプチャ7

 おととしの胆振東部地震で大きな被害を受けた安平町に、災害が起きた時には障害のある人の避難所として利用する交流施設がオープンしました。

 11日に安平町でオープンした交流施設「みんなの家」は、農園を営む青木明子さんが開きました。

 青木さんには知的障害があり自閉症と診断された息子の功士さんがいて、おととしの地震のあと功士さんが急激な環境の変化に戸惑った経験から、空き家を改装して障害のある人たちが日頃から地域の人たちと交流できるスペースをつくることになりました。

 施設にはキッチンやスロープのほか、非常用の発電機やテントなどが備えられ、災害時には障害のある人の避難所として活用することにしています。

 改装にはインターネットのクラウドファンディングで集めた166万円や町の補助金が充てられています。

 施設を運営する青木明子さんは「地域の人たちの顔を知ることで有事のときに障害のある人たちを支えていけるような場所にしたい」と話していました。

 施設は毎週木曜日午前10時から午後3時までオープンするということです。





スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ