FC2ブログ

記事一覧

接触アプリ、19日午後に提供開始 厚労省(2020年6月19日配信『日本経済新聞』)

キャプチャ

厚生労働省は19日、新型コロナウイルスの感染者と濃厚接触した可能性があることを通知するスマートフォン向けアプリ「COCOA」の提供を同日午後3時ごろに開始すると発表した。

アプリによって濃厚接触者を効率的に割り出し、迅速に検査することで感染拡大を防ぐ狙いがある。互いにアプリを利用していないと接触の記録は残らないため、普及率が実効性のカギを握る。

今回提供するアプリは基本ソフト(OS)に「アンドロイド」「iOS」を搭載する機種が対象で、米グーグルやアップルのアプリストアで無料でダウンロードできる。

スマホの近距離無線規格「ブルートゥース」を使い、アプリの利用者同士が1メートル以内に15分以上いた接触の記録をスマホ内に蓄積する。感染が判明した利用者がアプリで申告すると、スマホ内に記録された接触者に対してサーバー経由で通知が送られる仕組みだ。

氏名や電話番号、位置情報など個人が特定される情報は記録、収集せず、通知を受けても過去に接触した誰が感染したのかまでは分からない。接触の記録は14日経過後に自動的に無効化され、アプリを削除した場合も記録は消去される。

スマホにアプリを入れている人同士の接触記録しか残らないため、普及率が6割以上ないと効果は薄いとされる。同様のアプリは他の国でもすでに運用されているが、プライバシー侵害への懸念などから必ずしも普及は進んでいない。3月にアプリ配布を始めたシンガポールの普及率は3割程度にとどまっている。



「濃厚接触」スマホで確認(2020年6月19日配信『中国新聞』-「天風録」)

 梅雨に入り、混み合う電車やバスが目に付く。誰しも「もし」が浮かぶだろう。もしコロナ感染者と居合わせたら…。発症前でも感染力が強いという報告もあるのが、何とも悩ましい

▲そんな懸念を拭えるだろうか。政府があすから、感染者との接触確認アプリの普及を図る。取り込んだスマホの持ち主同士が1メートル以内に15分以上いれば、履歴が自動で互いのスマホに残る。袖振り合ったうちの誰かが感染を申告すると、「濃厚接触」の警鐘が後追いで届くという

▲ただ、国民の6割近くがアプリを登録しない限り、効力は薄い。スマホ自体、国民の6割しか持っていない。例のマスクと同様、「アベノアプリ」の前途も険しいかもしれない

▲こちら検察はスマホの威力に、ほくほく顔のようだ。昨年夏の参院選を巡る買収容疑で逮捕した前法相夫妻のスマホから、議員や首長との接触履歴がぞろぞろ。GPS情報で場所、日時も分秒刻みでしっぽをつかんだ

▲約100人にばらまいた現金は2500万円余りとみられる。金権体質なのか、腐敗に自覚のない人がいかにも多い。いまさら悔やんでも後の祭りである。人付き合いは、距離感をゆめゆめ忘れず、身ぎれいに。 



コロナ接触追跡「アベノアプリ」が始まる前から失敗間違いなしの理由➡ここをクリック




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ