FC2ブログ

記事一覧

無視や陰口など25件認定 宝塚中2いじめ自殺、再調査委が報告(2020年6月22日配信『神戸新聞』)

キャプチャ
宝塚市の中川智子市長に調査内容を答申する市いじめ問題再調査委員会の春日井敏之委員長(右)=22日午前、宝塚市末広町

キャプチャ2
宝塚市の中川智子市長に調査内容を答申する市いじめ問題再調査委員会の春日井敏之委員長(右)=22日午前、宝塚市末広町

 兵庫県宝塚市で2016年12月、市立中学2年の女子生徒=当時(14)=が飛び降り自殺した問題で、同市が設置した再調査委員会(委員長=春日井敏之・立命館大大学院教授)は22日、同年9月ごろから部活動やクラスで無視や陰口など計25件のいじめがあったとする報告書を公表した。同委は「いじめと自死には極めて強い関連性がある」とした。

 この問題を巡っては、当初に調査を担当した第三者委員会が18年7月に報告書を市教委に答申。だが、遺族が事実誤認などを指摘し、同委が同10月に改訂を行う異例の事態に。4件のいじめを認定し「いじめ行為以外に特に自死に結びつくような事柄は見当たらなかった」としたものの、遺族は実態が未解明として再調査を求めていた。報告概要の具体的な内容が公表されるのは今回が初めて。

 再調査委は中川智子市長の諮問を受け、昨年7月、大学教授や弁護士ら5人で発足。女子生徒の同級生や教職員ら計46人に聞き取りなどを実施した。

 再調査報告書によると、女子生徒は16年9月ごろから、クラスや所属する部活動で複数の生徒から無視や仲間外れにされ、「うざい」と言われるなどした。部活動中にボールを集中的にぶつけられることもあったといい、自身の行いを謝罪しようとした行為も笑われ、「尊厳が大きく毀損された」と指摘。再調査委は「いじめによって自死したことは明らか」と報告した。

 また、部活動では2015年から別の部員に対するいじめが発生しており、既に4人が退部していたにもかかわらず、顧問らが具体的な対応をしていなかったことなども判明。同委は「学年、学校を挙げた指導、支援が行われていれば当該生徒の重大事態は避けられた可能性が高い」とし、学校や教員の危機意識の乏しさを指摘した。

 さらに第三者委の調査についても「調査プロセスで丁寧さを欠いた」とし、遺族との意思疎通に問題があったことを批判した。



中2女子自殺 いじめ行為25件認定「指導放棄」も 兵庫 宝塚市(2020年6月22日配信『NHKニュース』)

キャプチャ

4年前、兵庫県宝塚市で当時、中学2年生の女子生徒がいじめで自殺した問題について市の再調査委員会は25件のいじめ行為を認定したうえで「自殺との極めて強い関連があった」とする報告書をまとめました。

学校側の対応については、情報提供があったにもかかわらず適切に対処せず「指導放棄」にあたると厳しく指摘しています。

市の再調査委員会がまとめた報告書によりますと、女子生徒が自殺する2か月余り前から、複数の同級生などから部活やクラス内で無視されたり、練習中にボールを集中的にぶつけられたりしたほか、LINEを通じて悪口を言われるなどの行為があったとしています。

また、亡くなる前日には謝罪の手紙をくしゃくしゃに丸められるなど、合わせて25件のいじめがあったと認定し「自殺との極めて強い関連があった」と断定しています。

さらに、教員らの対応についてはほかの生徒から「女子生徒が学校に来たくないと言っている」と相談を受けるなど、たびたび情報提供があったにもかかわらず、適切に対処せず、「指導放棄」にあたると厳しく指摘しています。

再調査委員会の委員長を務める立命館大学の春日井敏之教授は記者会見で「女子生徒はいくつもSOSを出していたが、学校側のいじめ問題に対するとらえ方が甘く、何が問題かも共有されていなかった。『なぜ自殺に至ったのか』という問いを大事にすべきだ」と述べました。

女子生徒の両親「対策を放置したことで1人の命失われた」

キャプチャ2

女子生徒の両親は「いじめは生きる希望を奪います。教員がいじめ対策を放置したことで、1人の命が失われました。娘の死は偶然ではなく、起こるべくして起きた悲劇であり、教員はみずからの痛みとして感じ取ってください。教員一人一人の意識改革や資質向上はもちろん、学校システム全体の改革も必要だというのが私たちの切実な願いです」とするコメントを出しました。

宝塚市長「救える命だった」

宝塚市の中川智子市長は記者会見で「報告書を読んで、『救える命だった』と痛感した。何度もSOSを出していたが、誰もキャッチすることができなかった。市として、検証委員会を早急に設けるなど教育改革に努めていく」と述べました。

キャプチャ3



宝塚中2自殺「いじめによる自死明らか」 第三者委再調査で25件認定 兵庫(2020年6月22日配信『毎日新聞』)

 兵庫県宝塚市で2016年12月、市立中学2年の女子生徒(当時14歳)が自殺した問題で、遺族の要請で再調査していた市の第三者委員会は22日、部活動や学級でのいじめ25件を認定し、「いじめによって自死したのは明らか」とする報告書を発表した。当初の調査ではいじめの認定は4件で、自殺との因果関係は「強く推認される」との表現にとどまっていた。

 報告書によると、女子生徒へのいじめは16年秋から部活やクラスで始まった。所属する運動部の部員や同級生約10人から亡くなる直前まで無視や陰口、悪口、仲間はずれ、ストーカー呼ばわりなどのいじめが繰り返され、女子生徒は孤立を深めた。自殺前日には、女子生徒が部員に宛てた謝罪の手紙を目の前でその部員が読み上げ、くしゃくしゃに丸め、他の部員から笑いものにされた。女子生徒は帰宅後、ノートに「もう死ぬ。生きる意味がない」と記した。再調査委は「いじめと自死との間には極めて強い関連性がある」と結論づけた。

 一方、再調査委は、自殺の1年前に別の部員がいじめで不登校になるなど、女子生徒以外にも部内のいじめが22件あったと認定。「教師たちが見抜いて指導、支援できなかった」として学校側が指導していれば、自殺は避けられた可能性が高いと指摘した。

 記者会見した再調査委の春日井敏之委員長(立命館大大学院教授)は「部活ではいじめが頻発し、生徒もSOSを発していたのに、学校や教員、市教委もいじめととらえていなかった。すぐに対応せず、指導放棄としかいえない。救えた命を救えなかった」と学校側の対応を批判した。

 宝塚市教委が委嘱した第三者委が18年10月にまとめた報告書に対し、遺族は「調査が不十分」などと批判。メンバーを替えた市の再調査委が19年7月から再調査していた。



いじめと自殺「強い関連」宝塚再調査委が報告書公表(2020年6月20日配信『共同通信』)

 2016年に兵庫県宝塚市立中2年の女子生徒(当時14)が自殺した問題で、いじめの詳しい状況を調べ直した市の再調査委員会は22日、25件のいじめを認定し「自殺との間に極めて強い関連性がある」とする報告書を公表した。最初に経緯を調べた市教育委員会の第三者委員会はいじめ4件を認定したが、遺族から調査が不十分との指摘を受けていた。

 再調査委は、教諭がいじめを生徒間トラブルと捉えて「当面見守ろう」と判断したことが解決を阻み「事実上の指導放棄」だったと指摘。また、第三者委は調査の中立性を意識し過ぎて遺族の心情に寄り添えておらず「調査プロセスで丁寧さを欠いた」と問題点を挙げた。

 再調査委によると、生徒は所属する運動部やクラスで16年9月から無視されたり「ストーカー」と陰口を言われたりするようになった。「うざい」と言われることや、ボールをぶつけられることもあり「もう死ぬ。生きる意味がない」とノートに書き残して同12月8日に自殺した。

 この部では前年も別の部員がいじめられて不登校になったが、教諭らが加害者側を指導せず、再調査委は今回の問題の遠因になったと判断した。

 市教委の第三者委は18年10月、いじめとの因果関係を認める報告書の概要を公表したが、調査過程で「完全な解明は困難」との見解を示していたことなどから遺族が反発。宝塚市が再調査委を設置した。





 2016年に宝塚市の女子中学生が自殺した問題で、いじめの詳しい状況を調べていた市の再調査委員会が、「いじめと自殺の間には 極めて強い関連性がある」とする報告書を提出しました。

 審議を終えた再調査委員会が22日、宝塚市の中川智子市長に報告書を手渡しました。

 2016年に宝塚市のマンションで当時中学2年の女子生徒が自殺した問題では、「調査委員会の報告は、いじめの内容が具体的に特定されていなかった」として、遺族が再調査を要望していました。

 2019年7月に発足した再調査委員会では、亡くなった女子中学生の同級生らに聞き取りを行うなど調査を重ねてきました。

 報告書では、女子生徒が部活動とクラスの両方で「ストーカー」などと陰口を言われたり孤立する状態を作られたりするなど、少なくとも25件のいじめが自殺するまで続いていたと認定しました。

 また、学校側の対応に対して一部ではいじめを認知していたが指導や支援は十分ではなかったとしました。





 7日に開かれた再調査委員会の初会合では、冒頭、出席者らが黙とうを行い、亡くなった女子生徒の冥福を祈りました。

 2016年、宝塚市の市立中学2年の女子生徒が飛び降り自殺しました。

 市の教育委員会が設置した第三者委員会は、部活動でのいじめが原因とする報告書をまとめましたが、遺族は第三者委員会とのやりとりで不信が生じ「未解明のいじめの事実がある」などとして、再調査を要請していました。

 再調査委員会のメンバーは事前に遺族の意見も聞き、中川市長が大学教授や弁護士ら5人を任命。
 中には、2016年に神戸市垂水区で起きた、中学3年生のいじめ自殺問題での再調査委員会メンバーも選ばれています。
 委員らはいじめの実態と自殺の関連性や学校や教育委員会のこれまでの対応を再調査する方針です。

 7日に、初会合で遺族から直接意見を聞いた再調査委員会のメンバーは、遺族は「前回の調査では得られなかった信頼関係を築きながら、調査が進むことを希望しています」とコメントしています。

 自殺した児童生徒の遺族が第三者委員会の報告書を不満として再調査となるのは、兵庫では神戸市と多可町に次いで3件目です。





 宝塚市の女子中学生の自殺を巡り、遺族がいじめの内容について再調査を求めたことを受け、中川市長は遺族の意向に沿う方針を明らかにしました。
 2016年12月、宝塚市内のマンションで中学校2年の女子生徒(当時14)が飛び降り自殺しました。

 宝塚市は第三者委員会を設置し、おととし3月からいじめの有無などを調べ去年7月に報告書を提出。 その後、報告書は遺族の指摘を受け、いじめと自殺の因果関係を認める内容に改訂されましたが、遺族は「結論ありきの調査に異議を唱えた経緯について触れられていない」などと抗議文を公表していました。

 26日の会見で、市教委はいじめの時期や方法などが具体的に特定されていないなどとして再調査を求める所見書を遺族から受け取ったほか、公開の範囲を巡り遺族と隔たりがあり、調査報告書は公開しないことを明らかにしました。

会見後、教育長が調査報告書と遺族の所見書を中川市長に手渡しました。 中川市長は再調査する方針で、これから協議の上、委員の選定を行いたいとしています。




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ