FC2ブログ

記事一覧

沖縄戦75年 慰霊の日

gougai_20200623A_ページ_2
gougai_20200623A_ページ_2
gougai_20200623A_ページ_3


不戦の誓い 次代へ 沖縄戦75年 慰霊の日

 沖縄は23日、沖縄戦から75年の節目となる「慰霊の日」を迎えた。最後の激戦地となった糸満市摩文仁の平和祈念公園では同日、沖縄全戦没者追悼式が執り行われる。

 ことしの追悼式は新型コロナウイルスの感染対策で規模を縮小し、招待者200人程度が参列する。住民を巻き込んだ悲惨な地上戦で犠牲になった20万人余の戦没者を追悼し、恒久平和を願う。平和祈念公園には早朝から多くの人が訪れ、雨の中、亡くなった家族に思いを寄せ、平和の礎に手を合わせた。

 追悼式では玉城デニー知事が平和宣言を読み上げ、平和な世界を構築するため沖縄が果たす役割について決意を表明する。米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設に伴う新基地建設問題に触れ、豊かな自然を次代に残す必要性を訴える。

 ことしは初めて、国連軍縮担当上級代表の中満泉事務次長、原爆の被害を受けた広島市の松井一実市長と長崎市の田上富久市長がビデオメッセージを寄せる。安倍晋三首相と関係閣僚らは参列せず、首相がビデオメッセージを寄せる。

 新型コロナの影響で県内各地の慰霊祭も規模縮小や中止が相次いだ。体験者や遺族らは、それぞれの場所で亡き人を思い、平和への誓いを新たにした。



沖縄戦75年 体験継承し平和の構築を(2020年6月23日配信『琉球新報』-「社説」)

 県民の貴い生命を奪い、祖先が築いてきた独自の文化を破壊した沖縄戦から75年の年月が流れた。「慰霊の日」を迎え、私たちは沖縄戦体験者の証言や戦争遺跡が発するメッセージを胸に刻みながら沖縄戦体験を継承し、平和創造の礎を築くことを誓いたい。

 小学生のころ沖縄戦を体験した県民は80代となった。防衛隊や鉄血勤皇隊、女子学徒隊として戦場に動員された県民の大半は90代である。体験者から直接証言を聞くことができる機会は限られている。

 残された時間の中で体験者の証言と向き合う努力を重ねつつ、沖縄戦研究の蓄積を踏まえ、新たな体験継承の方策を探りたい。近年、若手研究者の参画によって沖縄戦を主題とした市町村史誌やガイドブックが編まれたことが高く評価されている。

 県経済や県民生活に打撃を与えた新型コロナウイルスの感染拡大は沖縄戦体験の継承にも影を落とした。県平和祈念資料館、ひめゆり平和祈念資料館、対馬丸記念館は休館を余儀なくされ、学校でも平和学習の時間が制限された。各地の慰霊祭も規模縮小・自粛が相次いでいる。

 犠牲者を悼み、沖縄戦を学ぶ機会を逸したのは残念だが、今回のことで沖縄戦体験の継承が滞ってはならない。

 同時にコロナ禍は犠牲者を追悼する姿勢や平和行政の在り方で課題を浮き彫りにした。

 沖縄全戦没者追悼式について県は当初、規模を縮小し、国立沖縄戦没者墓苑で開催すると発表した。これに対して沖縄戦研究者からは異論が上がった。住民の犠牲を天皇や国家のための「殉国死」として追認することにつながりかねないと懸念したのである。

 平和の礎や魂魄の塔、各地の慰霊塔で犠牲者を悼んできた県民にとって、国立墓苑は近い存在ではない。県は従来通り平和祈念公園の広場へ開催場所を変更したが、沖縄戦体験や犠牲者と向き合う県の姿勢が問われることとなった。

 開催場所の変更を求める市民に対し、玉城デニー知事は「どこで祈っても心は通じるから場所にはこだわっていなかった。勉強不足だった点はある」と率直に語った。しかし、知事が反省して済む話ではない。犠牲者追悼・平和行政の形骸化が危惧される事態だ。開催場所選定に至る県の意思決定過程を検証し、教訓としてほしい。市町村も同様に体験継承活動や戦争遺跡の現状をチェックする必要がある。平和構築の取り組みは市町村行政の柱であるべきだ。

 私たちは平和創造のために沖縄戦を学ぶ。悲惨な体験から得た「軍隊は住民を守らない」という教訓を踏まえ、県民は戦争につながることを否定してきた。その姿勢を堅持するため、私たちは75年前の焼土に何度も立ち返ってきた。

 沖縄戦は過去の出来事ではない。現在を生きる私たちの糧となる。平和を築くための指標が沖縄戦体験にあることを忘れてはならない。

平和のいしずえ(2020年6月23日配信『琉球新報』-「金口木舌」)

 紀元前のギリシャで始まった競技会は戦乱の中でも、4年に一度のこのときだけは争いをやめて開催された。選手は安心して出場し、民衆も観戦できたという

▼憎しみを超えて連帯するスポーツの祭典。意義をよみがえらせようとクーベルタン男爵の提唱で国際オリンピック委員会が1894年6月23日に発足した。きょうはこれを記念するオリンピックデーだ

▼戦後50年の節目に沖縄県が最重要事業として建立したのが平和の礎(いしじ)だった。25年前の6月23日の除幕式典で県は「悲惨な体験をいしずえとして私たちは世界の人びとへ訴える」と非核・平和を宣言した

▼礎は戦争体験を風化させず、教訓を伝える継承の場である。平和の尊さを学ぶ場でもある。建立によって、恒久平和を永遠に世界に訴える沖縄の役割を確認した

▼図らずも「場」の意味が問われたことしの慰霊の日である。全戦没者追悼式の会場を国立沖縄戦没者墓苑とした県は批判を受け、例年通りに平和祈念公園の式典広場に戻した。戦争を肯定せず、美化せず、後世に語り継ぐ意義を思い起こしたい

▼オリンピックデーは第2次世界大戦後に制定された。平和に寄与する五輪の理念を広めるのが狙いだった。きょうは75年前を改めて思い返す日だ。平和を希求する沖縄の原点に立ち戻ることで、心の中の平和のいしずえも、より強くすることができる。



戦後75年の慰霊の日(2020年6月23日配信『沖縄タイムス』-「大弦小弦」)

 日差しが照りつけ蒸すような暑さとなった週末、糸満市摩文仁の平和の礎を訪ねた。75年前、砲弾が飛び交う戦場を逃げ惑った人々の辛苦を想像する。沖縄戦体験者や遺族が肉親の名前をなぞり、静かに手を合わせていた

▼那覇市の波平元維(もとしげ)さん(81)は繁多川の壕を追い出され、家族や住民と東風平方面に避難した。壕から壕へ転々とするさなか、祖父の元庸さんと生き別れた。戦後、収容所で亡くなったことを知った

▼雨の日、近くに落ちた砲弾の破片が姉の後頭部に刺さった。母がとっさに取って放ると、水たまりでジュッと蒸気が上がった。6歳だった波平さんの脳裏に刻まれた、死と隣り合わせの記憶。「むごい戦争に勝ちも負けもありません」

▼「壕内で家族は、ナチブサーだった私の口をふさぐよう言われたそうです」。そう語るのは浦添市の仲西ヨシ子さん(76)。父善亀さんと兄善孝さんはどこで亡くなったか分からず、遺骨もない。平和を願い、魂魄の塔と礎で夫と祈った

▼本紙と朝日新聞が行ったアンケートで、体験者の62%が「沖縄戦が次世代に伝わっていない」と答えた。風化への危機感が浮き彫りになった

▼身を削る思いで体験者が紡いできた言葉を記録し、伝えるのは戦後世代の責任だ。今なお、言葉にできない体験があることも胸に留めたい。きょうは慰霊の日。



[沖縄戦「伝わらず」6割]体験者の声 受け取ろう(2020年6月22日配信『沖縄タイムス』-「社説」)

 沖縄タイムス社と朝日新聞社が実施した沖縄戦体験者アンケートで、沖縄戦の体験が次世代に「あまり伝わっていない」「まったく伝わっていない」と答えた人が全回答者216人の62・5%(135人)を占めた。「ある程度伝わっている」は25%、「大いに伝わっている」は7・4%にとどまった。戦後75年の今年、沖縄戦体験の風化を懸念する体験者の声が明らかになった。

 なぜ伝わっていないと思うのか。回答者の1人は、「体験しなければ、沖縄戦の、あの悲惨な状況を正確に知ることは難しい」と話した。住民に銃を向ける日本兵、泣くわが子の口をふさいだ母親、連綿と続く死体の上を歩いた記憶-。今、それらを想像することは容易でない。

 一方で、沖縄戦体験者は今も鮮明な記憶を持つ。思い出す頻度について回答者の計76・8%が「よくある」「ときどきある」と答えた。「あまりない」「まったくない」の合計18・9%の4倍にあたる。

 こうした自身の戦争体験を子や孫に話した経験については「大いに話している」が31・2%で最多だった。他方「ある程度話している」29・6%と「あまり話していない」28・8%が並び、体験を語ることに躊躇(ちゅうちょ)する様子もうかがえた。「まったく話していない」も10・4%いた。

 躊躇する理由として回答者からは「戦争体験を話すことで家族を不安にさせたくない」「話すことで戦争を思い出すことがつらい」などの意見が挙がる。生々しく残る記憶が今も戦争体験者を傷つけ、苦しめている。

■    ■

 沖縄戦の実情が本土にどの程度伝わっているかについては「あまり伝わっていない」とした人が最多の56・9%だった。「まったく伝わっていない」17・4%と合計すると全回答者の74・3%が、本土側との認識の違いを感じている。

 戦前の皇民化教育は、防衛隊や学徒隊、護郷隊の編成など軍と住民の一体化につながったほか、軍用飛行場建設のため戦時中は土地の多くが強制接収された。人や土地すべてが巻き込まれた沖縄戦の教訓について、回答者は「軍隊は住民を守らない」「基地があるから戦場になる」とのメッセージを寄せている。

 名護市辺野古の新基地建設については回答者の69・4%が「反対」としており、「賛成」6%と「どちらでもない」19・9%を引き離した。沖縄戦の教訓が新基地建設反対につながっている。

■    ■

 アンケートは、数年前取材などに応じたことのある677人に電話調査を実施。うち26人が死去、71人が体調不良や入院などで回答できなかった。追跡取材では、電話に出ず「不在」とされた中にも亡くなっていた人がいたことも分かった。沖縄戦体験者は確実に減少している。

 そうした体験者の58・8%が沖縄が再び戦場となる可能性について「大いにある」「ある程度ある」と答えた。私たち戦後世代は、体験者たちの警告を真摯(しんし)に受け止めなければならない。

 



定型句の政治(2020年6月22日配信『沖縄タイムス』-「大弦小弦」)

 「散華(さんげ)」は本来、仏の供養で花をまくことを意味する。「華と散る」と解して戦死を指すのは誤り、と広辞苑は記す。それに、実態とかけ離れている。戦場に潔く美しい死などない

▼糸満市摩文仁に並ぶ本土各県の慰霊碑にはその「散華」や「英霊」の文字が刻まれる。一番奥の国立沖縄戦没者墓苑は、管理者がネット上で「国難に殉じた戦没者」をまつると書いていた

▼文章は「誤解を招く」と削除されたが、一帯は殉国美談が支配する靖国神社のような異空間になっている。県が沖縄全戦没者追悼式の会場をここに移さなくて良かった。沖縄戦と向き合う基本姿勢に関わる

▼言葉選びも同じ。「戦没者」は厳密には軍の死者を指し、住民の犠牲者を含めて弔う追悼式の趣旨とずれがある。あいさつで聞かれる「み霊」は戦争遂行を支えた国家神道と親和性が高い

▼宗教にあいまいな日本の風土もある。丁重に弔う思いを込めて使うのだろう。ただ、定型句の裏には政治がある。意識して問い直したい

▼今年の追悼式も平和祈念公園式典広場で開かれることになった。近くの県平和祈念資料館で体験者の証言を継ぎ、平和の礎に名を刻む犠牲者の悲惨と無念を想像する。その営みが一人一人の言葉を磨く。次の犠牲者をつくるために犠牲者を利用する、そんな政治的言語に対抗する力を生む。




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ