FC2ブログ

記事一覧

全米テニス、車いすの部開催へ(2020年6月25日配信『共同通信』)

批判受け中止の方針転換

キャプチャ

全米オープンテニス、車いすの部男子ダブルスで準優勝の国枝(右)、フェルナンデス組=2019年9月、ニューヨーク

 テニスの全米オープンを主催する米国テニス協会は24日、新型コロナウイルスの影響でいったんは中止を決めた車いすの部を開催すると発表した。大会終盤の9月10日から13日までに集中して行う。

 米国協会は当初、ウイルスの感染拡大を防ぐための中止としたが、国際パラリンピック委員会(IPC)や有力選手から批判の声が出ていた。選手らと協議を重ね、フロリダ州での代替開催などを含めて検討した結果、方針を転換した。

 日本勢は男子の国枝慎吾(ユニクロ)、女子の上地結衣(三井住友銀行)が過去に優勝している。



テニス全米オープン車いすの部開催へ“差別的”抗議で中止撤回
2020年6月25日 7時28分

ことし8月の開催が決まったテニスの全米オープンで新型コロナウイルスの感染予防を理由に車いすの部が中止になったことに対し、選手などから差別的だという抗議の声が相次いだことを受け、主催者は一転して開催することを決めました。

テニスの四大大会の一つ、全米オープンは、ことしは8月31日から9月13日までの日程でのニューヨークで開催されますが、車いすの部などは感染予防で人数を制限する必要があるとして中止になりました。

この決定に対してIPC=国際パラリンピック委員会は今月18日に声明を出して、車いすの選手に対する差別にあたるとする見解を示し、選手からも抗議の声が相次ぎました。

これを受けて大会の主催者はオンラインの会議で選手やITF=国際テニス連盟から意見を聞いたうえで中止の決定を撤回し、車いすの部を9月10日から開催することを決めました。

車いすの部は男子と女子のシングルスとダブルスなどこれまでと同じ規模で開催するとしています。

全米オープンの車いすの部ではこれまで男子シングルスで国枝慎吾選手が6回、女子シングルスで上地結衣選手が2回、優勝しています。



テニス全米オープン車いすの部開催へ“差別的”抗議で中止撤回(2020年6月25日配信『NHKニュース』)

 ことし8月の開催が決まったテニスの全米オープンで新型コロナウイルスの感染予防を理由に車いすの部が中止になったことに対し、選手などから差別的だという抗議の声が相次いだことを受け、主催者は一転して開催することを決めました。

 テニスの四大大会の一つ、全米オープンは、ことしは8月31日から9月13日までの日程でのニューヨークで開催されますが、車いすの部などは感染予防で人数を制限する必要があるとして中止になりました。

 この決定に対してIPC=国際パラリンピック委員会は今月18日に声明を出して、車いすの選手に対する差別にあたるとする見解を示し、選手からも抗議の声が相次ぎました。

 これを受けて大会の主催者はオンラインの会議で選手やITF=国際テニス連盟から意見を聞いたうえで中止の決定を撤回し、車いすの部を9月10日から開催することを決めました。

 車いすの部は男子と女子のシングルスとダブルスなどこれまでと同じ規模で開催するとしています。

 全米オープンの車いすの部ではこれまで男子シングルスで国枝慎吾選手が6回、女子シングルスで上地結衣選手が2回、優勝しています。



テニス 全米オープン 車いすの部中止は「差別」IPCが声明(2020年6月16日配信『NHKニュース』)

キャプチャ

キャプチャ1

キャプチャ2

キャプチャ2-1

キャプチャ3

キャプチャ4

 ことし8月に開催が決まったテニスの四大大会、全米オープンで新型コロナウイルスの感染予防を理由に車いすの部を中止することについて、IPC=国際パラリンピック委員会は車いすの選手に対する差別にあたるとする異例の声明を発表しました。

 テニスの四大大会の1つ、全米オープンはアメリカの中でも新型コロナウイルスの感染状況が最も厳しいニューヨークでことし8月31日から開催されることが決まりましたが、感染予防のために人数を制限する必要があるとして車いすの部は中止になりました。

 この決定についてIPCのアンドリュー・パーソンズ会長は18日、声明を発表し「新型コロナウイルスのパンデミックが投げかける課題をあるグループのプレーヤーを差別する口実にしてはならない。車いすでプレーしているからといって締め出されるべきではない」として、車いすの選手に対する差別にあたるとして主催者に再考を求めています。

 また、各国の車いすテニスの選手も決定は差別的だとしてSNSなどで相次いで抗議の意思を示しています。

 全米オープンの車いすの部では日本選手の活躍が目立っていて、これまで男子シングルスで国枝慎吾選手が6回、女子シングルスで上地結衣選手が2回、優勝しています。





スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ