FC2ブログ

記事一覧

スタバ国内初のサイニングストアが国立市にオープン 聴覚障がいのあるパートナーが活躍(2020年6月27日配信『fashionsnap.com』)

スタバ国内初のサイニングストアが国立市にオープン 聴覚障がいのあるパートナーが活躍

キャプチャ
Image by: スターバックス コーヒー ジャパン

 スターバックス コーヒー ジャパンが6月27日の今日、手話を共通言語に採用した国内初のサイニングストア「スターバックス コーヒー nonowa国立店」をオープンした。交通量や来街者が多い地域ではなく国立市に出店したのは、聴覚障害特別支援学校(聾学校)があることに加え、誰にでも住みやすいインクルーシブな街づくりを推進している点を考慮したためだという。

 現在同社では、聴覚に障がいがあるパートナー65人が在籍(3月末時点)。これまで聴覚に障がいのあるパートナーによる活動として、パートナーが自主的に企画・運営する「手話カフェ」や「手話によるコーヒーセミナー」を実施した。活動の中で聴覚に障がいがあるパートナーから自主的に「自分たちが活躍する店をつくりたい」という声が上がっており、2018年からはそうしたパートナーが中心となって店舗運営を数時間行うプログラム「サイニング アクティビティ」を計7回開催。聴者と聴覚に障がいのあるパートナーが共に働き、多様な人々が自分らしく過ごしながら活躍できる場所であり、スターバックスのダイバーシティとインクルージョンを象徴する店舗のひとつとして同店のオープンが実現した。

 nonowa国立店のオープン時は、25人のパートナーのうち、聴覚に障がいのあるパートナー19人が在籍。同店に配属されるパートナーを対象に、手話通訳派遣サービスなどを運営するミライロ社の協力を得てオンラインで手話の講座を実施した。聴覚障がいに関する基礎知識やコミュニケーションの留意点のほか、基本的な手話、商品名、店内で使用する表現などをレクチャーしたという。店内でのオペレーションをより円滑に行うため、スターバックス独自の手話も考案したほか、今回のために開発した文字と振動で情報を伝えるデジタルウォッチを導入。タイマー機能や遠くにいるパートナーを呼び出す機能を搭載している。

キャプチャ2
(左)筆談用のパネル、(右)メニューシート

 利用者向けには、オーダー時に手話や筆談に対応するほか、指差し注文用にサイズや温冷の選択ができるメニューシートを取り入れる。商品の受け取り場所にはデジタルサイネージを設置し、受け取り番号の表示や日常会話の手話紹介に活用。新型コロナウイルスの感染対策でも独自のオペレーションを採用しており、他店舗ではパートナーは一般的な白いマスクを着用するところ、nonowa国立店では口元の動きが見やすいように透明なフェイスシールドを使用している。また、基本的に同店のパートナーは手話での接客が可能で、胸元に手話対応可能の印となる缶バッチを着用しており、聴覚に障がいがある客が気軽にコミュニケーションを取れるようにした。

 店内には、来店者に手話を紹介するために指文字(American Sign Language)で表したスターバックスサインをデザインし、パートナーのエプロンにも同様の柄をあしらった。同店オリジナルのアート作品も展示しており、手話をモチーフにした作品や手話をする動物を描くアーティストの門秀彦が、聴覚に障がいのあるパートナーとディスカッションしながら制作した「Talkative hands (おしゃべりな手)」を設置。このほか、ダイバーシティを尊重した試みとして、車椅子が入りやすい福祉用のテーブル席を計8席分用意した。同社は今回の店舗について「新店舗で働くパートナーの姿から、聴覚障がいのある学生に将来に向けて勇気や気付きを与えられる店舗を目指す」とコメントしている。

■スターバックス コーヒー nonowa国立店
オープン日:2020年6月27日(土)
住所:東京都国立市北1-14-1 nonowa国立
営業時間:7:00〜22:00 ※6月27日のみ10:00オープン
座席数:83席
電話番号:042-505-9223



聴覚障害の従業員が手話で接客 スタバの新店舗 東京(2020年6月27日配信『NHKニュース』)

キャプチャ

 コーヒーチェーンの「スターバックス」は、聴覚に障害がある従業員が手話や筆談などで接客する店舗を都内にオープンさせます。多様な人材が自分らしく過ごせる居場所の実現を目指した取り組みの一環で、国内では初めての店舗となります。

 東京 国立市に27日にオープンする店舗の従業員は25人で、このうち19人は聴覚に障害があります。接客や従業員どうしのコミュニケーションは手話や筆談などで行います。

 店内では、音声を文字に変換して表示するタブレット端末や筆談などで注文ができるということです。また手話を知らない利用客が学ぶことができるよう、店内の壁には手話のイラストなども掲げられています。

 スターバックスはこうした店舗をすでに海外で展開していますが、日本でも聴覚に障害がある従業員から「自分たちでお店をやってみたい」という声が上がり、開店につながりました。

 新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、当面は店舗の入店の際に整理券が必要で、持ち帰りのみで営業するということです。

 会社は「聴覚に障害がある従業員もありのままの自分を表現し、本来の能力を最大限発揮してほしい。また、近くにろう学校があり、聴覚に障害がある子どもたちが従業員の働く姿を見て夢を描き、社会に出る勇気が持てる店にしたい」としています。





手話で接客するスタバ、27日に開業 国立市に(2020年6月24日配信『日本経済新聞』)

スターバックスコーヒージャパンは27日、聴覚に障がいのある従業員を中心に指さしや手話などで接客するカフェを東京都内に開業する。同社が推進するダイバーシティ活動の一環で、多様な働き方や障がい者の新たな雇用創出を後押しする。

キャプチャ
店内の共通言語は手話。筆談や音声入力での注文も可能だ

キャプチャ2
店舗の中心には、STARBUCKSを手話の指文字で表現したサインが並ぶ

 東京都国立市のろう学校近くに「スターバックスコーヒー nonowa(ノノワ)国立店」を開業する。「サイニングストア」と称して、従業員25人のうち19人が聴覚に障害を持つ。手話が共通言語で、接客や店員同士のコミュニケーションは主に手話や指さしで行う。

 手話を知らない顧客にも楽しんで利用してもらえるよう店内には工夫をこらす。壁には簡単な手話の表現を描いた絵が並び、参考にしながら手話を知らない顧客も手話や指さしでコミュニケーションが取れる。筆談や音声での注文も可能だ。

 スターバックスは世界規模で働く人の多様性や社会包摂の推進を掲げ、障がいや性差を問わない採用を積極的に進めてきた。海外の店舗でもマレーシアなど3カ国4店がサイニングストアを展開している。国内でも2018年から一部店舗で「サイニングアクティビティ」と称して時間限定で手話のみの接客をする試みをしてきた。

 新型コロナウイルスの感染拡大も懸念し、当面の間は持ち帰りのみの営業で入店も整理券を発行する予約制とする。入店予約はウェブまたは店頭のタブレット端末からできる。





スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ