FC2ブログ

記事一覧

困窮学生の9割以上「収入減った」 「1日3食」わずか2割 宇都宮のNPO調査(2020年6月29日配信『毎日新聞』)

 NPO法人「フードバンクうつのみや」と宇都宮大が、新型コロナウイルスの影響で生活に困っている同大の学生を対象にアンケート調査したところ、9割以上が「アルバイトの収入が減った」と回答した。6割以上が「生活費に不安がある」と答えており、新型コロナウイルスが学生生活にも影を落としている実態が浮かんだ。

 アンケートは、新型コロナウイルスの影響で困窮する同大の学生を支援しようと、同バンクが配布した食料品の詰め合わせ「学生応援きずなセット」を受け取った学生を対象に実施。同大地域デザインセンターと協力し、4~13日にインターネット上で133人から回答を得た。

 調査結果によると、1日3回食事を取れていると回答した学生は、新型コロナウイルス流行前(2月以前)の73%から流行後は20%に急落。米などの主食を1週間のうち3日以上食べられていないと答えた学生も約15%いた。アルバイト収入の減少などで、食費を切り詰めるなど生活に苦労する学生が一定数いることをうかがわせる結果となった。

 分析を担当した同大の坂本文子特任助教は「生活に困窮しているとみられる学生を対象にしたアンケートのため割合が高くなっていることも考えられるが、新型コロナの影響で困っている学生は多い。学生から『次は自分が誰かの支援をしたい』という声も上がっており、一緒に支援策を考えたい」と話している。

キャプチャ2

キャプチャ

公式サイト➡ここをクリック



キャプチャ

公式ブログ➡ここをクリック



大学新入生「47%」孤立、4人に1人は生活費不足 栃木県内でNPO調査➡ここをクリック




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ