FC2ブログ

記事一覧

厚労省、接触確認アプリの不具合を修正 再配布し3日から通知機能利用可能に(2020年7月2日配信『毎日新聞』)

 先月19日の利用開始直後から不具合で機能の一部が利用できなかった、新型コロナウイルス感染者と近づいた履歴を知らせる「接触確認アプリ」について厚生労働省は2日、通知機能が3日から使えるようになると発表した。不具合を修正したスマートフォン用アプリを再配布している。



接触確認アプリ(COCOA)により新型コロナウイルスの陽性者から通知を受けることができる機能を7月3日から開始します

 厚生労働省は、新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA:以下「アプリ」)について、6月30日にiOS版、7月1日にAndroid版の修正版を配布しました。

 アプリを利用している方が新型コロナウイルス感染症の陽性者となった場合に、本人が同意してアプリの登録画面で陽性者の登録をすると、過去14日間に接触の可能性があった方が通知を受けることができます。この陽性者によるアプリでの登録は、新型コロナウイルス感染者等情報把握・管理支援システム(HER-SYS)から陽性者本人に発行する処理番号を入力いただく仕組みになっています。この処理番号の発行について、7月3日から開始します。このため、アプリの利用者は、7月3日から、陽性者との接触の可能性について、通知を受けることが可能になります。

 また、6月19日以降、アプリをインストールし、利用に同意してBluetoothをオンにしている方は、その日以降(※)、接触の可能性に関する記録が端末内でのみ14日前まで保持されています。利用者は、この記録により、接触の可能性について通知を受けることが可能となっています。
(※)修正版によるアップデートにより、利用開始の日付が更新されないようになり、利用開始日として、アップデートの前に最後にアプリを起動してホーム画面を表示した日付が表示されていますが、接触の記録については、アプリをインストールし、利用に同意してBluetoothをオンにした日から開始されています。

 修正版によるアップデートがなされていない場合には、新型コロナウイルス感染者等情報把握・管理支援システム(HER-SYS)から発行されていない処理番号を、陽性者の登録画面に入力した場合に「完了しました」という表示が出る場合がありますが、このような場合でも、接触の可能性があった方への通知は行われません。陽性の方が、アプリで陽性者の登録をする際には、処理番号を入力する前に、修正版によるアプリのアップデートをお願いします

 なお、6月19日の公開から1か月間は試行版のため、引き続き、デザイン・機能などの修正を予定しています。





スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ