FC2ブログ

記事一覧

手足を切断、障害者のサッカー 国内初の専用施設 佐倉にオープン 共生社会の第一歩に /千(2020年7月6日配信『毎日新聞』)

 腕や足に切断障害のある選手がプレーする「アンプティサッカー」の専用施設「ACミランアカデミーパーク」が5日、佐倉市神門にオープンした。イタリアの名門サッカークラブ「ACミラン」の日本サッカー協会登録チーム「AC Milan Sakura」などを運営する一般社団法人ゾナカルチョ(柏原英輝代表理事)が、スポーツを通じた共生社会を目指して整備した。アンプティサッカーの専用施設は国内で初めてという。

 アンプティサッカーは7人制で、フィールドプレーヤーは下肢切断者が、ゴールキーパーは上肢切断者が担当する。フィールドプレーヤーはクラッチというつえを使って移動するが、クラッチで故意にボールに触れることはできないなどのルールがある。1998年からワールドカップが開かれており、日本代表も出場歴がある。




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ