FC2ブログ

記事一覧

「陽性」登録は3人 コロナ接触確認アプリ ダウンロードは610万件(2020年7月8日配信『毎日新聞』)

キャプチャ

キャプチャ
接触確認アプリのスクリーンショット

 厚生労働省は8日、新型コロナウイルスの感染者と接触した可能性をスマートフォンに通知する「接触確認アプリ」について、検査で陽性となった場合に発行される「処理番号」を入力して登録した利用者は、3日から8日午後5時までで3人だったと明らかにした。国内では同じ期間で約1200人が感染している。アプリのダウンロード数は約610万件。

 アプリは、利用者同士が1メートル以内の距離に15分以上いたら接触したとみなされ、情報がスマホに記録される。利用者が検査で陽性と判定されると処理番号が届き、入力して登録すれば、過去2週間以内に接触した利用者のスマホに通知が送られる。



接触確認アプリ、登録した陽性者は3人ナ(2020年7月8日配信『TBSニュース』)

キャプチャ2

キャプチャ

キャプチャ3

 新型コロナウイルスの接触確認アプリ「COCOA」について、厚生労働省は「これまでに感染を登録した人は3人」と明らかにしました。

 スマートフォン用の接触確認アプリ「COCOA」は、利用者が感染が確認されたことを登録することで、他の利用者に「感染者と接触した可能性」を通知するものです。

 今月3日に本格的に運用が始まり、これまでにおよそ610万件がダウンロードされていますが、厚生労働省は8日、感染が判明したことを登録した人は「3人」と明らかにしました。

 一方で、今月3日から7日までに全国で感染が判明した人はおよそ1100人にのぼっていて、現時点でアプリはほぼ機能していないことになります。




接触確認アプリ 感染者からの登録 3人にとどまる 新型コロナ(2020年7月8日配信『NHKニュース』)


 新型コロナウイルスに感染した人と濃厚接触した疑いがある場合に通知を受けられる「接触確認アプリ」について、通知に必要な感染した人からの登録がこれまでに3人にとどまっていることが分かりました。厚生労働省は、感染拡大を防ぐためにアプリの利用を呼びかけています。

 スマートフォンにダウンロードできるこの「接触確認アプリ」は利用者どうしが15分以上、1メートル以内に近づくと、相手のデータを互いに記録します。

 新型コロナウイルスへの感染が確認された利用者が、保健所から発行される処理番号を登録すると、記録された相手に濃厚接触の疑いが通知されるしくみで、今月3日から通知ができるようになりました。

 ところが、厚生労働省によりますと、感染が確認され処理番号を登録した利用者は、8日午後5時までに3人にとどまっているということです。

 NHKのまとめによりますと、今月3日から7日までに感染が確認された人は全国で1100人余りに上っていて、感染をアプリに登録した人の割合は0.3%以下となっています。

 一方、アプリのダウンロード数は、8日午後5時の時点でおよそ610万件となっています。

 厚生労働省は「感染の拡大を防ぐためにアプリを利用してもらうよう協力を求めており、今後も周知に努めたい」と話しています。



スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ