FC2ブログ

記事一覧

3歳衰弱死、鹿児島旅行前に「お茶と菓子をいっぱい置いていった」…母親供述(2020年7月9日配信『読売新聞』)

 東京都大田区で3歳女児がマンション室内に8日間放置されて死亡した事件で、保護責任者遺棄致死容疑で逮捕された母親の居酒屋店員、梯かけはし沙希容疑者(24)が警視庁の調べに対し、「お茶とお菓子をいっぱい置いていった。(女児が)死ぬとは思わなかった」と供述していることが捜査関係者への取材でわかった。警視庁は女児が放置された状況を調べている。

 捜査関係者によると、梯容疑者は今年5月と6月の2回、長女の稀華のあちゃん(3)を自宅に放置して知人男性が住む鹿児島県に行っていた。同県では、男性宅ではなく、ビジネスホテルに宿泊していた。

 6月13日までの8日間、同県を訪れた際は、自宅に残した稀華ちゃんが包丁などに触れないよう台所の出入り口に物を置いて通れなくしていたほか、熱中症予防でエアコンもつけていたという。逮捕後の調べに、「お茶とお菓子を置いていった」などと供述したが、稀華ちゃんは極度の脱水と飢餓状態で同13日に死亡が確認された。稀華ちゃんが倒れていた部屋からは、空のペットボトルやパンの袋などが見つかったが、警視庁は十分な飲食物は用意されていなかったとみている。

 梯容疑者は2017年に離婚後、ひとりで稀華ちゃんを育て、一時通わせていた保育園も昨年3月にやめさせていた。鹿児島県に行った理由については、「子どもの面倒を見るのが大変で、リラックスしたかった」と供述しているという。



外に出られないよう「ソファでふさいだ」 蒲田3歳女児死亡(2020年7月9日配信『東京新聞』)

キャプチャ
警視庁蒲田署に入る梯沙希容疑者=7日午後

 東京都大田区蒲田の自宅で3歳の長女を置き去りにして死亡させたとして、保護責任者遺棄致死容疑で逮捕された母親の梯かけはし沙希容疑者(24)が「居間の間仕切りを閉めてソファでふさぎ、外に出られないようにしていた」と供述していることが、捜査関係者への取材で分かった。長女は置き去りにされた8日間、居間に閉じ込められたままだったとみられる。

 梯容疑者の自宅はマンション1階の1DKタイプ。長女の稀華のあちゃん(3つ)は6月13日午後、玄関を入って台所の奥にある広さ6畳の居間のマットレスの上で、心肺停止の状態で横たわっているのが見つかった。

 捜査関係者によると、梯容疑者は「居間にはお菓子やパン、お茶などの食料を置いていた」と話しているが、司法解剖の結果、稀華ちゃんは死後2、3日が経過しており、胃の中は空だったという。

 梯容疑者は、台所と居間の間にある可動式の間仕切りを閉め、台所側からソファで押さえて、稀華ちゃんが外に出られないようにしていたとみられる。調べに対し、「娘が台所の包丁に触れたら危ないと思った」と閉じ込めた理由を説明しているが、警視庁捜査一課は育児放棄が発覚しないようにしていた可能性があるとみている。

 梯容疑者は稀華ちゃんと2人暮らし。勤務先の居酒屋で知り合った交際男性に会うため、7泊8日の日程で6月13日まで鹿児島県を訪問。その間、稀華ちゃんを1人で自宅に置き去りにして飢餓と脱水で死亡させたとされる。



育児放棄の常態化の疑いも周囲気づけずか 3歳女児死亡 東京(2020年7月9日配信『NHKニュース』)

 東京 大田区のマンションで、3歳の娘を放置し死亡させたとして24歳の母親が逮捕された事件で、女の子は発見時、肌がただれていましたが、過去にも同じように肌がただれ、医療機関で診察を受けていたことが捜査関係者への取材でわかりました。警視庁は育児放棄が常態化していた疑いもあるとみて周囲が異変に気付けなかったか調べています。

 先月13日、東京 大田区のマンションで、梯稀華ちゃん(3)を8日間放置し、衰弱の末に死亡させたとして、母親の梯沙希容疑者(24)が保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕され、9日午前、検察庁に送られました。

 これまでの調べで、稀華ちゃんが衰弱した状態で見つかった際、新品のおむつを履いていたものの肌がただれていたことがわかっていますが、過去にも同じように肌がただれ、医療機関で診察を受けていたことが、捜査関係者への取材でわかりました。

 この時は異変として通報されることはなかったということです。

 また稀華ちゃんは、1歳児健診は受けていましたが、2歳児健診からは受診しておらず、虐待の通報や相談は、警察や行政には寄せられていなかったということです。

 警視庁は育児放棄が常態化していた疑いもあるとみて、周囲が異変に気付けなかったか調べています。



「早く帰るつもりだった」 逮捕の母、虚偽説明か―3歳女児放置死・警視庁(2020年7月9日配信『時事通信』)

キャプチャ
送検のため警視庁東京湾岸署を出る梯沙希容疑者(右)=9日午前、東京都江東区

 東京都大田区の自宅マンションに梯稀華ちゃん(3)が放置され餓死した事件で、保護責任者遺棄致死容疑で逮捕された母親の梯沙希容疑者(24)が逮捕後の調べに「もう少し早く帰るつもりだったが、飛行機が取れなかった」と供述していることが9日、捜査関係者への取材で分かった。

 警視庁捜査1課は同日午前、梯容疑者を送検。責任回避のため虚偽の説明をしている可能性もあることから、供述内容の裏付けを進めている。

 梯容疑者は6月上旬~中旬の約1週間、稀華ちゃんを自宅に置き去りにし餓死させたとして逮捕された。捜査関係者によると、同容疑者は容疑を認め、「留守にしても大丈夫だと思った。死ぬとは思わなかった」と話しているという。

 梯容疑者はこの間、鹿児島県に住む知人男性を訪ねていた。調べには「早く帰るつもりだったが飛行機が満席だった」などと説明したという。しかし、同課が調べたところ、飛行機には空席があったことが確認された。

 梯容疑者は逮捕前の任意の調べに対し、稀華ちゃんが亡くなる直前まで自宅で世話をしていたと説明し、鹿児島訪問の事実を伏せていた。同課は、育児放棄の実態を隠すため、虚偽の説明を繰り返したとみている。



日常的に放置し外出か 餓死3歳女児の母―警視庁(2020年7月8日配信『時事通信』)

 東京都大田区の自宅マンションに梯稀華ちゃん(3)が放置され餓死した事件で、保護責任者遺棄致死容疑で逮捕された母親の梯沙希容疑者(24)が、事件前にも稀華ちゃんを自宅に置き去りにして外出していたことが8日、捜査関係者への取材で分かった。

 梯容疑者が稀華ちゃんを自宅に一人残し、外出を繰り返していた可能性があり、警視庁捜査1課は日常的に育児放棄が続いていたとみて調べている。

 梯容疑者は6月5日~13日、自宅に稀華ちゃんを放置し餓死させたとして逮捕された。容疑を認めており、鹿児島県に住む知人男性に会うため家を留守にしたという。

 捜査関係者によると、梯容疑者は5月にも稀華ちゃんを自宅に置き去りにしたまま、3日間外出していた。この際も知人に会いに行ったとみられている。






スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ