FC2ブログ

記事一覧

アイヌ文化発信、観光振興も期待 いよいよ、共生空間12日開業(2020年7月11日配信『北海新聞』)

キャプチャ
菅官房長官ら約170人が出席した開業記念式典。最後はアイヌ民族の古式舞踊が披露された

 12日開業するアイヌ文化復興拠点「民族共生象徴空間(ウポポイ)」で11日行われた記念式典には、菅義偉官房長官ら政界の有力者をはじめ、道内自治体の首長ら計約170人が出席し、国や北海道を挙げてアイヌ民族と共生を目指す姿勢を印象づけた。出席者からはアイヌ文化の継承とともに観光振興の役割を期待する声も上がった。

 ウポポイ開設を主導し政府のアイヌ政策推進本部長も務める菅氏は「美しい景観と四季折々の豊かな自然の中で、アイヌ文化の魅力を実感できるウポポイの開業を迎えたことは格別の思い」とあいさつ。さらなるアイヌ文化の復興や発展に向けて、政府としても地元と連携して全力で取り組むことを約束した。

 萩生田光一文科相は、ロンドンの大英博物館で昨年開催された漫画展で、アイヌ民族の少女らが活躍する人気漫画「ゴールデンカムイ」が紹介されたことに触れ「諸外国でもアイヌ文化が注目されるようになってきた」と強調。ウポポイの開業について、「訪日外国人観光客の誘客にもつながる」と期待を込めた。

 白老町の戸田安彦町長は関係機関に感謝の言葉を述べた上で「アイヌ民族に対して正しい歴史と理解が促進され、愛される施設になるよう願っている」と述べた。

 ウポポイを運営するアイヌ民族文化財団職員によるアイヌ民族の古式舞踊も披露され、息の合った踊りに大きな拍手が送られた。式典後はウポポイ施設内を自由に見学し、アイヌの文化や歴史への理解を深めた。

 12日は午前9時に開業。11時半からは開業を記念して、俳優の宇梶剛士さん、演劇ユニット「TEAM NACS」の森崎博之さんや戸次重幸さんらによるトークショーが行われる。



「差別の事実 受け止める」 文科相、「価値観」発言を釈明(2020年7月12日配信『北海道日新聞』)

 萩生田光一文部科学相は11日、アイヌ民族が差別されてきた歴史について「価値観の違い」と述べた10日の自らの発言の真意を記者団に問われ、「多数のアイヌ民族が差別され、貧窮を余儀なくされた歴史的な事実を厳粛に受け止めなければならない」と述べ、10日の発言を軌道修正した。胆振管内白老町で行われたアイヌ文化復興拠点「民族共生象徴空間(ウポポイ)」開業記念式典に出席後、記者団に答えた。

 萩生田氏は「困難な時代を乗り越えてきたアイヌの人たちがいたことも事実。(ウポポイでは)そういったことも含めて正しく伝承しながら、アイヌ文化の素晴らしさを発信してほしい」とも述べた。

 萩生田氏は10日の記者会見で「原住民と開拓する人の間で価値観の違いがあったと思う。差別という言葉でひとくくりにすることがいいかどうか」と述べ、ウポポイで差別の歴史を発信することに消極的な姿勢を示し、アイヌ民族の一部から撤回や謝罪を求める声が出ていた。




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ