FC2ブログ

記事一覧

[米軍感染止まらず]早急に検査対象広げよ(2020年7月18日配信『沖縄タイムス』-「社説」)

 在沖米軍基地で新型コロナウイルスの感染者が急増する中、16日、基地に出入りするタクシー運転手の感染が確認された。懸念されていたことが現実となった。

 タクシー運転手の男性は、今月3日と4日、基地外であった米独立記念日のイベント参加者を乗せたという。詳しい行動履歴や濃厚接触者などは明らかにされていないが、県は推定の感染経路に「米軍関係」の分類を追加した。

 フェンス一枚隔てて同じ島で生活する県民の感染リスクは高まっている。コロナ感染を巡る状況は、新たな局面を迎えたといえるだろう。

 さらに感染が分かった米軍関係者の複数人が、基地の外に住んでいたことが明らかになった。

 17日に確認された3人を加え、在沖米軍の累計感染者は141人。

 県民は5月以降、自粛行動で68日間、感染者を出さずにきた。だがここにきて、米軍関係者に起因する感染が止まらない。日米地位協定によって日本側が検疫を行えず、情報共有もままならない中にあっては、明白な「基地被害」である。

 河野太郎防衛相は17日、在日米軍基地に入国する全ての米軍関係者にPCR検査をするよう米軍側に求めたと発表した。

 感染防止に検査は欠かせないが、それだけでは県民の不安は払拭(ふっしょく)されない。

 米軍基地を提供している国の責任で、基地従業員やタクシー運転手など関係者、その家族にも対象を広げ、検査を早急に実施すべきだ。

■    ■

 基地に出入りする県内業者や基地従業員からは検査を求める切実な声が上がる。

 基地内のスーパーに青果や加工品を卸す業者は、感染の不安を抱えながらも「付き合いが長く、注文があれば納品せざるを得ない」と不安を隠さない。クラスターが発生したキャンプ・ハンセンで働く従業員は「感染の不安が日に日に増す」と訴える。

 タクシー業界は米軍関係者が訪れる繁華街に行かないよう呼び掛けるなど独自の対策を取る。

 全駐労沖縄地区本部は、いつ感染するか分からない不安を抱えながら働く従業員を守るため、雇用主である沖縄防衛局にPCR検査の実施を求めているが、具体的回答は示されていない。

 県は中部地区にPCR検査の検体採取センター設置をする方針で調整を進めている。本来国が実施すべき対策の遅れをカバーする形だ。

■    ■

 観光への影響も懸念されている。

 政府は、観光支援事業「Go Toトラベル」を全国一律ではなく東京発着を対象外として、予定通り22日から実施する。

 大打撃を受けている県内の観光関係者からは歓迎する声が多い。ただし水際対策や感染者、濃厚接触者を追跡するアプリの使用などあらゆる防止策が前提だ。

 アクセルとブレーキを同時に踏む対応は可能なのか。キャンペーンで感染が広がれば、観光回復の勢いを鈍らせることになりかねない。



米軍コロナ感染 「抜け穴」埋めよ(2020年7月18日配信『沖縄タイムス』-「大弦小弦」)

 恐れていたことが起きてしまった。県内の米軍基地で新型コロナウイルス感染者が急増するなか、米軍関係の客を乗せた80代のタクシー運転手の感染が判明した。高齢なだけに重症化しないことを願うばかりである

▼米軍関係者から県民に感染した初の事例とみられ、関係者の緊張が高まる。なかでも詳しい情報を知らされず、彼らと一緒に働く基地従業員らの不安と恐怖は計り知れない

▼全駐労沖縄地区本部にはPCR検査の実施や感染者が出た職場の閉鎖を訴える相談がひっきりなしという。妊娠中の娘がいる60代の男性は、職場のある基地内でクラスター(感染者集団)発生後、退職を即断した。「情報もなく、これでは家族を守れないと思った」

▼感染拡大の要因の一つに、米国から直接、基地内へ入国した際、無症状者にPCR検査をしていないことが挙げられる。在日米軍司令部が、検査の実施義務のない直行便利用を推奨していたことも明らかになり、あぜんとした。感染症に対する認識の甘さの表れだ

▼フェンスの中で見つかった大きな抜け穴に対し、河野太郎防衛相は基地から入国する米軍関係者へのPCR検査実施に前向きな姿勢を示した。遅ればせながら、当然の対策だ

▼在沖米軍基地へは「今後、新たに800人が到着予定」との情報がある。事態は一刻を争う。即、実行を。



沖縄の米軍コロナ感染者、基地の外にも「複数人」居住 新たに3人の陽性確認(2020年7月18日配信『沖縄タイムス』)

 米軍関係者の新型コロナウイルス感染者に、基地外の居住者が複数人含まれることが17日分かった。河野太郎防衛相が記者会見で明らかにした。嘉手納基地所属とみられる。在沖米軍基地で大規模な感染が発生した7月以降、感染した米軍関係者で基地外居住が明らかになるのは初めて。県は同日、新たに普天間飛行場2人、キャンプ・ハンセン1人の計3人に感染が確認されたと発表した。

キャプチャ2

キャプチャ

 河野氏によると、基地外居住者は感染確認後に基地内で隔離され、県民に濃厚接触者は確認されていないという。クラスター(感染者集団)が発生している海兵隊に関しては、感染者に基地外居住者は「いないと聞いている」と説明した。

 県には、米側から嘉手納基地で14日に感染が確認された1人が基地外居住との情報があったという。居住市町村は非公表とした。海兵隊の感染者の居住地情報はないという。

 県は17日、県内で基地従業員12人を含む41人に新型コロナの検査をしたが、感染は確認されなかった。米軍関係の感染者は141人となり、このうち7月以降の感染は138人を占める。





スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ