FC2ブログ

記事一覧

#供述弱者を知る;彼女は発達障害かもしれない 恋愛の危険な心理と7つの重なり(2020年7月19日配信『forbesjapan』)

滋賀県の呼吸器事件では、不当のレベルを超えて違法性が問われるべき次元の捜査が多々あったが、西山美香さん(40)の無実の可能性を示し、再審を訴えるには、そこに焦点を当てるだけでは不十分だった。

なぜなら「そうは言っても、彼女は自白しているではないか」という指摘が付きまとい、7回もの裁判でその自白の任意性、信用性が認められているからだ。彼女自身が訴えている「刑事を好きになって自白した」という訴えは、初めての人には突拍子もなく聞こえる。「うその自白」に追い込まれてしまったのには、彼女なりの理由があるはずだ。

「障害」をキーワードにそれを探り当て、無実の彼女が虚偽自白に至ったメカニズムを解くのが、私たちのミッションだった。

2つの事実が必要だった。1つ目は、言わずもがなだが、彼女に「障害がある」という事実だ。この時点では、精神鑑定をできるとは思っていなかったが、医学的な知見を得てその可能性を示すことができれば、と考えた。もう1つは、発達障害が原因で冤罪になった、という事例が他にあるかどうか。すでにそのような事例があるのなら、障害という視点が、人々の注意を引くことになるはずだ。

滋賀県政を担当していた角雄記(37)、県警担当の井本拓志(31)の両記者と一緒に立ち上げた取材班には、県警チームで大津署などを担当していた高田みのり記者(27)も加わった。2016年の年末から2017年の2月にかけ、手紙、訴訟資料のデジタル化と、弁護人の井戸謙一弁護士(66)、支える会を2013年に立ち上げた恩師、発達障害の専門家への取材に時間を費やした。

発達障害の研究者から薦められた1冊の本

そんなある日、井本記者から私に電話がかかってきた。

「発達障害の研究者から、この障害に関連する書籍を紹介されたんですが、それが、西山さんが取調官の刑事にコントロールされていった心理的な背景とすごく似通っているように思うんです。読んでもらえませんか。どう思うかなと思って。その部分をPDFにしてメールで送ります」

書籍の名は「アスペルガー症候群 思春期からの性と恋愛」(ジェリー・ニューポート、メアリー・ニューポート著)。

メールで送られてきたのは「第7章『片思い』と『病的な関係』」で、アスペルガー症候群の人たちが恋愛対象と遭遇したときの危険な心理的なメカニズムを紹介していた。少し長くなるが、その一節を以下に引用する。

「ぼくも含めて、われらが仲間たちは、生まれついてのカモだといえる。まず、最初の友だちさえなかなかできなくて、そのために引っかかりやすくなる人も多い。それにどうやら、ぼくらに会わなければ良い人で通せていたような人たちまで、あまりに無防備なぼくらを見ているうちに、つい、わがまま心を刺激されてしまうこともあるようだ。ぼくも手痛い経験から学んだことだが、『たとえ〝友情〟のためとはいえ、これ以上は譲らないぞ』というラインは、心の中にしっかり持っておかなくてはならない。さもないと、友だちだと思っていた人たちに、身ぐるみ剥がされてしまうことにもなりかねない。彼らはきみから『ちょっとだけ』と借りていったお金で車を買っておきながら、その車で、出資者であるきみを轢いて意気揚々と去っていくかもしれないのだ。異性とつき合ったこともなく、この先もモテる望みはなさそうと思っている人は、『もしかしたら、おつき合いに発展するかも?』というえさをまかれたら、たちまちまいってしまう。とりわけ、相手が魅力的で、カリスマ性のある異性となると、さらに危ない」

これは西山さんと刑事の関係そのものではないか

驚いた。西山さんと取調官のA刑事の関係そのものではないか。手紙や裁判資料で私たちが把握した状況と符合するポイントが、あまりにも多く、まるでこの事件の解説をしているように感じた。

西山さんのケースと重なる部分を7つ紹介したい。

【符合1】「最初の友だちさえなかなかできなくて、そのために引っかかりやすくなる」


いきなり出てきたこのくだりは、まさしく、西山さんのことだった。彼女は、友だちができないことが幼少期からの悩みで、周囲の関心を得ようとして、ついうそをついてしまう癖が大人になってもなおらなかった。両親への手紙には「私は人との接し方がわからないし、自分に自信がありません」と書いている。そんな折りに遭遇したA刑事。彼女はあっけなく〝カモ〟となってしまったのだ。

【符合2】「ぼくらに会わなければ良い人で通せていたような人たちまで、あまりに無防備なぼくらを見ているうちに、つい、わがまま心を刺激されてしまう」

これも、西山さんとA刑事の関係を、はからずも言い表している。A刑事が「良い人」かどうかは知らないが、西山さんは無防備そのものだった。捜査対象になっていながら、優しく接してくれるA刑事に会いたいがために、自ら捜査本部に通う、というのは危険で、無鉄砲な行動以外の何ものでもない。父親が「あまり近づくな」と注意しても、彼女の耳には入らなかった。

後日談になるが、西山さんの無防備な性格は、この2カ月後に獄中で行った精神鑑定で見事に立証された。

心理テストでのこと。スピード違反で白バイ警官に停車させられ「学校の前だというのに時速60キロも出したりして、一体どこへ行くつもりですか?」という質問にどう答えるか、という設問に、彼女は「すみません。いつもこれくらいスピードを出していてもなにも言われなくて」と書き込んだ。

鑑定した精神科医と臨床心理士は「自分を守ろうとする意識がまったくない」と驚いた。普通なら、交通違反の切符を切られまいとして、やむにやまれぬ事情があるかのような言い訳の一つもするところだ。ところが、彼女は「いつもこれくらいのスピードを出していて」と真っ正直に返答し、常習的なスピード違反の告白がより自分に不利益をもたらすとも気づかずに、自らを窮地に追い込む回答をしてしまっている。

【符合3】「〝友情〟のためとはいえ『これ以上は譲らないぞ』というライン(を持てない)」

西山さんは、仲の良い同僚のS看護師を助けるために「私が呼吸器のチューブを外した」と供述してしまった。その後、A刑事がでっち上げたストーリーに合わせてどんどん虚偽自白を重ねた。いずれも友情のためとはいえ〝越えてはいけないライン〟だ。手紙には「私がAを好きになり、それにSさんもかばってしまい やってもいないことをやったといい、こんな結果になってごめんなさい」と悔いている。

アメとムチでうその自白を引き出されていった

【符合4】「彼らはきみから『ちょっとだけ』と借りていったお金で車を買っておきながら、その車で、出資者であるきみを轢いて意気揚々と去っていくかもしれないのだ」

最初に、机をたたいて怒鳴る、という「ちょっとだけ」強引な手法で彼女からいとも簡単に「自白」を取れることを知ったA刑事は、アメとムチを駆使してうその自白を引き出すことをエスカレートさせた。有罪に持ち込んで大きな手柄にしたA刑事はどうしたか。法廷を最後に意気揚々と西山さんのもとを去っていったではないか。

【符合5】「異性と付き合ったこともなく、この先もモテる望みはなさそうと思っている人は、『もしかしたら、おつき合いに発展するかも?』というえさをまかれたら、たちまちまいってしまう」

このくだりも、西山さんがA刑事と遭遇した状況と重なる。彼女は両親への手紙で「何でこんなにも嘘の自白をした調書が多いのかとなった時に『男性経験がない』ということを知られることがはずかしいからです」と交際経験がないコンプレックスを打ち明けている。

裁判では、彼女が取り調べ中、A刑事の手に自分の手を重ね、拘置所に移送されるときには「離れたくない」と抱きつき、A刑事がそれに応じて「がんばれよ」と肩を優しくたたいたことが明らかにされている。巧妙に「えさをまかれ」刑事の術中に落ちてしまったのではないか。手紙にも「Aさんの言うとおりにして最悪な結果になってしまって、他人から優しくあまいさそいにのせられて本当に後悔しています」と書いている。

西山さんは、A刑事を信頼したものの、自白を誘導されて有罪に。冤罪だったが、12年間服役までした(Shutterstock)

【符合6】「相手が魅力的で、カリスマ性のある異性となると、さらに危ない」

西山さんは、生まれて初めて自分のことを「かしこい」と言ってくれたA刑事のことを、両親に「私の理解者」「好きだ」と話していた。手紙でも「Aさんが大丈夫と言ってくれるのならとAさんの言う通りにしました」「A刑事を心から信用し嘘の自白をしたことは人生において最大の後悔です」と言いなりになってしまったことを告白している。

【符合7】「友だちだと思っていた人たちに、身ぐるみ剥がされてしまうことにもなりかねない」


悲しいかな、結果はそうなった。手紙には「A刑事に好意をもち、きにいってもらおうと必死でした。それがダメでした」と好意をエスカレートさせた揚げ句、あだで返されたことへの後悔が繰り返し出てくる。同時に、手紙ではA刑事から言われた言葉にも触れている。

「『お前のことは俺が一生めんどうをみてやるし、その心の不安もとりのぞいてやる』と言われ、心底A刑事を信用してしまった」

詐欺師さながらに甘い言葉を繰り返され、手玉に取られてしまった様子がうかがえる。

「仕事とはいえ刑事というのは冷たいものですね、家族のありがたみがすごくわかりました」

手紙につづられた傷心の告白は、不憫なことこの上ない。

専門書の一節との符合によって、ひとつだけ、わかったことがある。「刑事を好きになり、気に入って欲しくて自白した」。裁判では一顧だにされなかった彼女の抗弁は、発達障害の専門的な視点というフィルターを通せば、荒唐無稽とまでは言い切れない、ということだ。私たちは、専門家による分析を急いだ。



連載:#供述弱者を知る 過去記事は➡ここをクリック




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ