FC2ブログ

記事一覧

春名風花さん、SNSで中傷書き込んだ被告と示談成立。「人格を破壊する暴力、誰も幸せにしない」(2020年7月20日配信『ハフポスト』)

俳優の春名風花さんは、SNSで中傷する書き込みをした投稿者を相手取った訴訟で、被告側と示談が成立したことをYouTubeで公表した。

示談金は約315万円という。

5f152140220000380d387421.jpeg
春名風花さん公式ブログより

 SNSの書き込みで名誉を傷つけられたとして、俳優の春名風花さんが書き込みをした投稿者1人に慰謝料などを求めた訴訟は7月16日、刑事告訴の取下げと、被告が春名さん側に示談金計315万4000円を支払うことで示談が成立した。

 春名さんが7月20日、YouTubeに動画を配信し、公表した。

■当初は示談を拒んでいた

 YouTubeでの報告によると、春名さん側は2018年10月以降、Twitterなどプロバイダー4社に対して投稿者の個人情報の開示手続きを開始。2020年1月には、投稿者を神奈川県警に刑事告訴した。

 春名さんは当初、被告から示談の申し入れがあったものの、拒否していた。「お金の問題よりも、きちんと社会的に罪を償ってほしいという気持ちだった」「ここはきちんと刑事民事の両方で勝訴し後の人々のために一つでもおおき判例を作るべきではないかと思いました」と理由を明かした。

今回示談成立に転じた背景について、春名さんは動画で次のように報告した。

「色んな方から、現行法では本当に軽微な罰だけで終わってしまうことを聞きました」「法律で裁く方が罪が軽くなってしまうかもしれないと判断しました」

 刑法の名誉毀損罪は3年以下の懲役もしくは禁錮、または50万円以下の罰金刑。侮辱罪は拘留または科料が課される。

 春名さんは弁護士に相談の上、「現状では誰にとっても生活する上で必要なお金という目に見えるものを失うことでしか、『あなたのしたことが悪いことです』と教えられる手段がないのかもしれないという悲しい現実を知りました。その結果、示談を受け入れることにしました」と語った。

■辛い記憶はなくならない

投稿者の個人情報開示に始まる約2年にわたる裁判を振り返って、春名さんは次のように述べた。

「今更謝られてもお金をもらっても、辛かった記憶がなくなるわけでも、無くなくなった仕事ができるようになるわけでも、逃したチャンスがもう一度巡ってくるわけでもありません。

 それに誹謗中傷していたのはこの人だけではなく数え切れないほど大勢いて、何も状況は変わっていません。それでも、(担当の)弁護士をはじめ警察や取取材にこられた人が真剣に話を聞いてくださったおかげで、何より相手の身元を特定できたことで誰に狙 われているかわからない恐怖から何万分の一でも解放されたことは大きいです。ここまで応援してくださった皆様、本当にありがとうございました」

 「これまでひどい言葉に悩み苦しむだけでどうしたらいいかわからなくてずっと不安で止まっていた時間が、勇気を出して訴訟したことで、またゆっくりと動き出した気がします」

■今も被害に苦しむ人たちへ

 春名さんは、誹謗中傷の書き込みをする人に対して警鐘を鳴らす。

「私は表現の自由、言論の自由を守りたいと思っているし、いろんな意見があってこそ人間は面白いと思いますので、建設的な批判や議論はあっていいと思います。

 でも単に相手の人格や生活を破壊するだけの暴力や批判の度を超えた単なる嫌がらせというのは誰のことも幸せにしません。今は気持ちよく書いてストレス発散できるかもしれませんが、そういう悪意は相手だけでなく、書いた自分にも少なからずダメージを与えます。やめましょう、絶対に」

 小学生の頃からネットの書き込みの被害を受けてきた春名さん。報告の動画は、今もSNSの中傷に苦しむ人たちに向けたメッセージで締めくくった。

「私は必ず生きて、生きたまま未来を変えたい。何を言われても、何度転ばされても私は役者になるし、夢も未来も諦めない。今日も明日も生きていくので、みんなも一緒に未来を変えて行こうね。

 同じようなことで悩んでいる皆さんへ。嫌なことをされたら嫌だって言っていいし、一人で悩まずにいろんな人の力を借りてください。どうかみなさんも勇気を出して立ち上がってほしいなと思います」

キャプチャ







“はるかぜちゃん”こと春名風花さん、SNS誹謗中傷の示談成立 被告が示談金315万円支払いへ(2020年7月20日配信『ITmedia』)

 Twitterに虚偽の内容が投稿され名誉を傷つけられたとして、書き込みをした人物に対し、女優の春名風花さんと母親が慰謝料などを求めていた訴訟で、被告が春名さん側に示談金315万4000円を支払うことで示談が成立したことが明らかになった。春名さんが7月20日、自身のTwitter公式アカウントとYouTube公式チャンネルで発表した。

 春名さんは「【ご報告】裁判の結果」という動画をYouTubeに投稿し、示談となった経緯と現在の心境を説明した。

 春名さん側が問題としたのが、「彼女の両親自体が失敗作」「名誉男性」などと書かれたTwitterの投稿。2018年10月以降、Twitterや通信事業者に対して民事訴訟による投稿者の個人情報開示を求め、20年1月には投稿者を神奈川県警に刑事告訴した。法的措置に踏み切った経緯について春名さんは「社会的にきちんと罪を償ってほしいという思いだった」と説明している。

 最近になって投稿者の代理人弁護士を通じて、示談金による刑事告訴の取り下げを求める連絡があったという。ただし春名さんは「刑事、民事の両方で勝訴し、今後のためにも判例を作った方が良い」と思い、当初は示談を拒否。その後、「色んな方から現在の法律では軽微な罰で終わってしまうと聞いた」として、示談に応じることにしたという。

 現行法の刑罰では、名誉棄損(きそん)罪が3年以下の懲役、もしくは罰金50万円以下、侮辱罪が1日以上30日未満の勾留となる。これについて春名さんは「現行法ではやったことに対する処罰が甘すぎる」と正直な思いを吐露。示談に応じることについては「生活する上で誰にとっても必要なお金という目に見えるものを失うことでしか、あなたのしたことが悪いことですと(投稿者へ)教えられる手段がない、という悲しい現実を知った」と明かしている。

「相手の人格や生活を破壊する暴力は誰も幸せにしない」

 SNSの投稿について春名さんは「表現の自由、言論の自由を守りたいと思っているし、色んな意見があってこそ人間は面白い。建設的な批判や議論は全然あっていいと思う」と自身の考えを説明。

 ただし誹謗中傷は論外とし、「相手の人格や生活を破壊するだけの暴力や批判の度を超えた単なる嫌がらせは誰も幸せにしない。今は気持ちよく書いてストレス発散できるかもしれないが、そういう悪意は相手だけでなく自分にもダメージを与える」と呼び掛けた。

 同じようにネットの誹謗中傷に悩む人に対しては、「嫌なことをされたら嫌だって言って良いし、1人で悩まずに色んな人の力を借りて」とメッセージを送り、「どうか皆も勇気を出して立ち上がってほしい」と動画を締めくくった。


 
春名風花さんが「ネット中傷」の投稿者と示談成立 示談金315万4000円(2020年7月20日配信『弁護士ドットコム』)

出口絢

キャプチャ3
春名風花さん(2019年12月、東京都、弁護士ドットコム撮影)

ツイッターに虚偽の内容を投稿され名誉を傷つけられたとして、女優の春名風花さん(19)と春名さんの母親が、書き込みをした人物を相手取り、慰謝料など265万4000円の支払いを求めた訴訟は7月16日、横浜地裁で刑事告訴の取り下げと被告側が春名さん側に示談金計315万4000円を支払う内容で示談した。

春名さんが7月20日、自身のYouTubeで明らかにした。

●「勇気を持って立ち上がって」

春名さんのYouTubeなどによると、警察から書き込み主に対し電話があった翌日に、代理人弁護士を通じて「示談金を支払うので、告訴を取り下げてほしい」と連絡があったという。

春名さんは「お金の問題よりも、社会的に罪を償ってほしいという思いで裁判をしていた」と話し、示談についても「のちの人のために、判例を作るべきではないかという思いもあった」として最初は拒否していたという。

ただ、今の法律では軽微な罰で終わってしまうと聞き、「現行法では、やったことに対しての処罰が甘すぎる。法律で裁く方が罪が軽くなってしまうかもしれないと判断した」と説明した。

春名さんは「何より相手の身元を特定できたことで、誰に狙われているかわからない恐怖から、何万分の一でも解放されたことは大きいです。お金そのものが心を癒すことはできなくても、勉強や仕事のため役者として頑張るために使おうと思う」と話した。

ここまで2年弱かかったといい、「勇気を出して訴訟をしたことでゆっくりと動き出したような気がします。誹謗中傷されて何かが変わるなんて悔しすぎる。どうかみんなも勇気を持って立ち上がってほしい」と呼びかけた。

代理人の田中一哉弁護士は「謝罪条項も入っており、二度としないという約束もしてもらっている。春名さん側にとって、いい形で解決できたのではないか」と話した。

●問題となっていたツイートは

問題となっていたのは、「彼女の両親自体が失敗作」などと書かれたツイート。東京地裁(大嶋洋志裁判官)は2019年11月1日、こうしたツイートを「社会通念上許される限度を超える侮辱表現で、名誉感情を害されたことは明らか」と認定し、氏名や住所などの開示をプロバイダに命じた。

また、今回のSNSの投稿に関し、春名さん側は名誉毀損と侮辱の疑いで、神奈川県警泉署に刑事告訴。2月7日に受理された。

キャプチャ2

キャプチャ



ネット中傷対策に関する論説(2020年7月21日)➡ここをクリック




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ