FC2ブログ

記事一覧

河井案里議員の保釈認めず 最高裁、特別抗告棄却(2020年7月22」日配信『共同通信』)

キャプチャ
河井案里被告

 最高裁第2小法廷(三浦守裁判長)は、昨年7月の参院選広島選挙区を巡る買収事件で、公選法違反の罪で起訴された参院議員河井案里被告(46)の保釈を求めて弁護人が申し立てていた特別抗告を棄却する決定をした。20日付。保釈請求を退けた東京地裁決定が確定した。

 東京地検特捜部が6月18日、案里議員と夫で前法相の衆院議員克行被告(57)を逮捕、7月8日に起訴した。その後、夫妻それぞれの弁護人が保釈を請求したが、東京地裁は15日にいずれも却下した。

 案里議員側は不服として地裁に準抗告を申し立てたが棄却されたため、17日に最高裁に特別抗告していた。



案里被告の保釈認めず 最高裁、特別抗告を棄却(2020年7月22日配信『産経新聞』) 

キャプチャ
河井案里被告

 昨年7月の参院選広島選挙区をめぐる買収事件で、公選法違反の罪で起訴された参院議員、河井案里被告(46)=広島選挙区=について、最高裁第2小法廷(三浦守裁判長)は、保釈を認めなかった東京地裁決定を不服とする弁護側の特別抗告を棄却する決定をした。20日付。保釈請求を退けた地裁決定が確定した。4裁判官全員一致の結論。

 東京地検特捜部は8日、前法相で衆院議員の夫、克行被告(57)=広島3区=と、案里被告を起訴。両被告側は東京地裁に保釈請求したが東京地裁がいずれも退ける決定をしていた。案里被告側は決定を不服として準抗告したがこれも棄却され、特別抗告していた。



河井夫妻への辞職要求 現時点で対応せず 二階氏(2020年7月22日配信『中国新聞』)

キャプチャ2
自民党本部で記者会見する二階幹事長(中央)

 自民党の二階俊博幹事長は21日の記者会見で、連立を組む公明党の斉藤鉄夫幹事長(比例中国)が、自民党を離党後に公選法違反の罪で起訴された前法相の河井克行被告(広島3区)と妻の案里被告(参院広島)の議員辞職を要求していることについて、近く公判が始まることを理由に「慎重に見守る」と述べ、現時点で党として対応しない考えを示した。

 河井夫妻は8月上旬にも初公判が予定されている。公判中も歳費が支給され続けることや、昨夏の参院選公示前に夫妻側へ提供した1億5千万円に関して説明を尽くしていない党本部の姿勢が国民の理解を得られるのかどうかを問われ、二階氏は「事態の動向、成り行きを慎重に見極めたい」と述べるにとどめた。

 大規模買収事件の舞台となった広島選挙区(改選数2)で自民党は現職に加え、新人の案里被告を党本部主導で擁立し、2人の公認候補が激しく争った。次の参院選で2議席以上が改選される選挙区への候補者擁立について、「今度のことがあったから、何かが変わることはない」と話した。





スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ