FC2ブログ

記事一覧

「黒髪は女の命」(2020年7月23日配信『しんぶん赤旗』ー「潮流」)

 「黒髪は女の命」。日本ではそんな風潮がいまだに根強い。メディアがあおったり、伝統であるかのように主張したり…。それに苦しめられ傷つけられている子どもたちがいるのに

▼生まれつき髪の毛が茶色いにもかかわらず教員から黒く染めるよう強要された―。精神的な苦痛を受けて不登校になったとして、3年前に女子高生が起こした裁判。それがきっかけになり校則の調査や見直しを求める運動がひろがりました

▼いまツーブロックと呼ばれる髪形が話題になっています。長さが異なる部分が二つあり、段差ができるようなスタイル。美容師によると涼しくて男性の多くが注文するそうです。それを校則で禁止している都立高があると、共産党の池川友一都議が議会でとりあげました

▼動画再生が620万をこえた理由は都教育長の驚きの答弁にありました。「外見などが原因で事件や事故にあう」場合があるから。これに批判が殺到。タレントのI(イ)MA(マ)LU(ル)さんは「ツーブロックはダメじゃなくて、髪の毛で人を判断するなと教えてくれる学校に行きたいよね」

▼髪の毛だけではありません。服装やカバン、持ち物、下着の色まで。こと細かく説明もつかない規則や指導が子どもたちの人権を奪い、縛っている現実。規則が厳しい学校ほどいじめが多いとの調査結果もあります

▼「理不尽に慣れる力よりも、理不尽を変える力こそ必要」。『ブラック校則』の著者でもある荻上チキさんは呼びかけます。より良い社会をつくっていくためにも。



【都議会委】頭髪の校則見直して 池川友一議員が求める(2020年3月14日配信『しんぶん赤旗』)

キャラクター
質問する池川友一都議=12日、都議会予算特別委員会

日本共産党の池川友一東京都議は12日の都議会予算特別委員会で、頭髪の規制や肌着の色指定など、子どもの権利を尊重しない都立学校の校則について、「学校が生徒の意見も含め議論し見直すべきだ」と求めました。

池川都議は、ツーブロックなど社会で広く受け入れられている髪形を禁止する学校があり、生徒に「ルールで決まっているから」と説明していると紹介。

本当に必要なのか議論すべきだと提起しました。

癖毛や髪の色が明るい場合に「地毛証明書」の提出を生徒に求めることは、「『学校が決めた標準から外れているから異端だ』と『証明』するものだ。人権尊重の理念とは相いれない」と批判。やめるよう求めました。

池川都議は、岐阜県が県立高校の校則を公開し、見直しに取り組んでいること、国連では子どもの意見表明権の保障を勧告していることを紹介。

「生徒や保護者の意見を聞き、校則を見直すべきだ」とただしました。

小池知事は「子どもがあらゆる場面で権利の主体として尊重される必要がある」と答弁。

藤田裕司教育長は、校則見直しについて、「生徒の意見、保護者の意識、社会状況」を踏まえ行うものと答えました。

池川都議はまた、シルバーパス (70歳以上のバス・都営交通乗車証)について、都県境を越える民間バス路線で利用できないため、こうした路線が集中する町田市では利用者が不便を強いられていると指摘。

都営交通では都県境を越えた路線で利用できることを示し、改善を求めました。



200722 都政への架け橋(第91号・表)




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ