FC2ブログ

記事一覧

女性患者「金を払ってでも死にたい」、医師に金額提示…ALS嘱託殺人(2020年7月27日配信『読売新聞』)

キャプチャ
女性患者

 難病の筋萎縮いしゅく性側索硬化症(ALS)の女性患者(当時51歳)に対する嘱託殺人容疑で医師2人が京都府警に逮捕された事件で、医師側に支払われた金銭について、女性から金額を提示していたことが捜査関係者への取材でわかった。削除された女性のパソコンのデータを復元し、詳細なやりとりが判明した。

 元厚生労働省技官の医師大久保愉一よしかず(42)(仙台市)、医師山本直樹(43)(東京都港区)の両容疑者は昨年11月30日、京都市中京区の女性宅で、女性の依頼を受けて薬物を投与し、殺害した疑いで逮捕された。

 女性は遅くとも2018年末頃から大久保容疑者とツイッター上で連絡を取り合うようになった。

 捜査関係者によると、事件に関するやりとりは女性のパソコンから削除されていたが、府警がデータを復元したところ、女性が大久保容疑者に、「お金を払ってでも死にたい」と繰り返し伝える記録が見つかった。昨年11月に入り、大久保容疑者が女性に山本容疑者の口座を伝え、女性は金額を提示していた。女性は同月21日に50万円、同23日に80万円を振り込み、その前後に具体的な段取りなどを決めていたという。



報酬か、ALS嘱託殺人(2020年7月27日配信『共同通信』)

 難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)の女性患者に薬物を投与し殺害したとして、嘱託殺人の疑いで医師2人が逮捕された事件で、女性が現金計130万円を50万円と80万円の2回に分けて医師山本直樹容疑者(43)=東京都港区=の口座に振り込んでいたことが27日、捜査関係者への取材で分かった。京都府警は報酬とみて、どのように使われたか調べている。

 大久保容疑者は昨年5月、自身のブログに「『安楽死は500万(円)』なんてふっかけても支払えないでしょう」「リスクを背負うのに、まったくのボランティアではやってられません」と投稿していた。




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ