FC2ブログ

記事一覧

ペットの犬が新型コロナ陽性 国内初、別世帯の2匹 健康状態に異常なし(2020年8月3日配信『毎日新聞』)

 新型コロナウイルスに感染した飼い主から預かった犬2匹がPCR検査の結果、陽性だったと3日、ペット保険「アニコムホールディングス」が公表した。国内でペットの陽性が確認されるのは初めて。

 同社は新型コロナウイルスに感染した2世帯から7月下旬、それぞれ1匹ずつを預かった。2匹は今月3日まで複数回実施したPCR検査で陽性となった。2匹とも健康状態に異常はなく、1匹は既に陰性と変わっている。他のペットや従業員も検査したがいずれも陰性で、体調不良もみられない。同社は2匹を隔離し、世話を続けている。

 同社は感染者のペットを無償で預かる事業を4月から行っている。



飼い犬2匹が新型コロナ陽性 国内初、ペット保険会社(2020年8月3日配信『共同通信』)

新型コロナウイルスに感染した飼い主から預かった犬2匹がPCR検査の結果、陽性だったと3日、ペット保険「アニコムホールディングス」が公表した。国内でペットの陽性が確認されるのは初めて。

同社は新型コロナウイルスに感染した2世帯から7月下旬、それぞれ1匹ずつを預かった。2匹は今月3日まで複数回実施したPCR検査で陽性となった。2匹とも健康状態に異常はなく、1匹は既に陰性と変わっている。他のペットや従業員も検査したがいずれも陰性で、体調不良もみられない。同社は2匹を隔離し、世話を続けている。

同社は感染者のペットを無償で預かる事業を4月から行っており、これまでに犬や猫、ウサギの計42匹を預かった。

同社によると、飼い主のウイルスが一時的に口に入り込み、反応している可能性も否定できないとの理由から、感染とまでは確定できない。抗体検査の結果を待つ必要があるという。

ペットへの感染は香港や米国、ベルギーなどで確認され、多くが軽症。人間から感染したとみられている。中国では「ペットから人に感染する」とのうわさが拡散し、犬や猫の飼育放棄が相次いだとの報道もある。

環境省動物愛護管理室の担当者は「ペットを感染源とする証拠はこれまでの事例にはなく、冷静な対応が重要。まずは飼い主が感染予防に努め、ペットとの過度な接触は避けて」と呼び掛ける。



犬における新型コロナウイルスの陽性を確認 アニコムグループ

#StayAnicomでお預かりしたペット、PCR検査で「陽性」の結果

 アニコムグループでは、2020年4月10日より新型コロナウイルスに感染した方の飼育するペットをお預かりするプロジェクト『#StayAnicom』を実施し、コロナウイルスの感染予防に配慮したお預かりを行うため、ペットに対するPCR検査を行ってまいりましたが、今般お預かりした2世帯の犬2頭において、「陽性」の結果が確認されましたので、公表いたします。

 『#StayAnicom』プロジェクトでは、これまでに犬29頭、猫12頭、うさぎ1羽の合計42頭のペットのお預かりを行ってまいりましたが、全てのペットに対して複数回のPCR検査を実施し、「陰性」であることを確認しておりました(2020年8月3日時点)。今回「陽性」が判明した2頭の犬についても同様に、複数回のPCR検査を異なる複数施設で実施したところ、「陽性」の検査結果を得たものです。なお、海外での犬や猫の感染報告では、数日中に「陰性」の結果に転じることが多いとの報告が行われており、現在、1頭については「陰性」の結果に転じ、2頭とも健康状態に大きな問題はありません。また、これらの犬2頭において新型コロナウイルスの感染が成立したかについては、明らかとなっておりません(※)。

(※)抗体検査の結果が陽性になるまでは一定の期間を要するとの報告があることから、今後、当該結果を踏まえて抗体検査を実施し、感染が成立したかの判断を行う予定です。

 なお、これまでもお預かりしたペットは「陰性」が確認されるまで隔離して飼育する検疫を実施しており、2頭の犬も現在まで隔離した状態で単頭飼育をしています。また、同時期にお預かりしている全てのペットに対してはPCR検査において「陰性」の結果を得ており、感染の拡大は認められておりません。

 更に、ペットのお預かり対応を行う当社グループ従業員は、防護服を着用し、飼育等するなど二次感染防御を徹底しております。今回の確認を受け、当該犬と接触をしたすべての従業員を対象にPCR検査を行いましたが、現時点において従業員は「陰性」となっており、体調不良等の報告も受けておりません。
本件に関しては、関係当局にも報告しておりますが、引き続き当社グループ従業員への安全対策を実施し、感染防御を徹底してまいります。

【参考】
■これまでの海外報告の例


犬と猫の感染報告事例:犬は香港・アメリカで感染が報告されておりますが、猫に比べて感染例が少なく、研究でも感染が起こりにくいことがわかっています。一方、猫はアメリカ・ベルギー・フランスなど複数の国で感染が確認されています。研究でも感染が確認され、猫同士の伝播が起こることがわかっています。

イタリアでの大規模調査:先日発表された伊バーリ大学の研究チームの報告(対象:ペットの犬540頭・猫277頭)によると、PCR検査で犬猫ともに陽性はゼロでしたが、抗体検査では犬で3.4%、猫で3.9%が陽性とのことでした。
また、飼い主が感染している家庭の犬の方が感染していない家庭に比べて陽性率が高かったという報告がありました。

■ペットの感染を防ぐために

ペットが感染しないためには、飼い主自身の予防が最も効果的であるとされています。ペットにマスクをさせるのは、誤飲や呼吸困難の恐れがあるため推奨されません。万が一飼い主がコロナウイルスに感染した場合は、できるだけ接触を避けることが望ましいとされています。また、ペットから人への感染は、現時点では報告されておりません。

ご自身のペットを守るために、引き続き飼い主の皆さまには適切な予防策を講じていただければと考えております。

■ペットの適正飼養の参考

今回は、PCR検査の結果「陽性」が確認されましたが、動物における新型コロナウイルスの感染の影響については、数日で「陰性」に転じるといった報告もあるため、安易な飼育放棄につながらないようにすることが重要と考えております。新たな感染症拡大に繋がらないように、当社グループとしては、引き続き感染防御を徹底した上で、社会的に意義が大きいと考えている本プロジェクトについては、継続してまいります。

公式サイト➡ここをクリック






スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ