FC2ブログ

記事一覧

タクシーの日 8月5日

キャプチャ

 タクシーが我が国に誕生したのは、1912(大正元)8月5日。現在の東京・有楽町マリオン(千代田区有楽町2-5)に設立された「タクシー自働車株式会社」が、タクシーメーターを装備したT型フォード6台で営業を開始した。

キャプチャ
T型フォード

キャプチャ2

 株主には福澤諭吉の婿養子で日本の電力王といわれた福沢桃介などの大物財界人や、政友会の代議士などが顔を揃えたという。

 料金は最初の1哩(約1.6km)が60銭で半哩増すごとに10銭。当時としてはかなり高価な乗り物だった。
 
 なお、タクシーの営業開始月が8月であることは間違いないが、開始日については諸説ある。

 一般社団法人全国ハイヤー・タクシー連合会(略称:全タク連)では1989(平成元)に8月5日を全国統一の「タクシーの日」と定め、毎年全国各地でキャンペーンを実施している。

キャプチャ

公式サイト➡ここをクリック



物知りなタクシー運転手(2020年8月5日配信『宮崎日日新聞』-「くろしお」)

 一昨年亡くなった作家石牟礼道子さんは多くの著作があるが、代表作「苦海浄土」にみられるように、どの作品にも普通の日常を懸命に生きる人々への温かい視線がある。タクシーの運転手への敬愛は格別だ。

 エッセー「形見の声」では何度か取り上げている。「タクシーの運転手さんは概して物知りの人が多い。驚くほど視野が広くて、地球環境のことからバブルのこと、世界の政変、大相撲の力士の評判、野球選手の消息など微に入り細をうがって教えてくれる」と激賞。

 世間の感覚を教えてくれる貴重な情報源だった。頼んだ通りに道を走る仕事ぶりにも感心した。雨の日も風の日も自転車に乗って仕事に向かう若い男のことを、しきりにほめる運転手と話し「尊敬すべきはこの人(運転手)である、と私は心洗われていた」とも述べている。

 タクシーの日。1912年の今日、日本初のタクシー会社が営業を始めたことに由来する。県タクシー協会でも毎年、優良乗務員表彰など記念行事を開くが、今年は新型コロナウイルス感染拡大で、大変に厳しい環境にある。春先からイベントや飲み会の相次ぐ中止で、売り上げが激減したからだ。

 小まめな換気や消毒に努めるが、運転手からも感染者が出た。感染には注意すべきだが、宮崎観光の顔でもある業界を大事にしたい。タクシーに限らず社会の隅々で、ぎりぎりまで現場に踏みとどまり、奮闘している職業人がいる。敬意を忘れてはならない。





スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ