FC2ブログ

記事一覧

沖縄、繁華街・松山の感染者は86人 2日間で2064人を検査(2020年8月8日配信『沖縄タイムス』)

キャプチャ
那覇市松山

 沖縄県医師会は8日、新型コロナウイルスの感染が拡大する沖縄一の歓楽街・那覇市松山地区の飲食店従業員らを対象した臨時の集団検査の結果を発表した。8月1日と2日にPCR検査を受けた2064人のうち、10~60代の男女86人の感染を確認したという。全体の陽性率は4・2%だった。
 松山では7月、系列のキャバクラ2店舗で従業員や客ら36人のクラスター(感染者集団)が発生。このほかにも複数店舗で感染が確認されており、那覇市などが集団検査を実施。先行して7日に7人の感染が判明していた。

 86人のうち、問診ベースで4割が無症状。8日時点で重症化した人は確認されていないという。
 検査に携わった県立中部病院の高山義浩医師は同日の記者会見で、4・2%の陽性率について「印象としては低かった。東京などと比べると、決して松山でまん延している状況ではない。一部の店に集中的に出ており非常にムラがある印象だ」と説明。「早期に介入が行われたことと、地域で対策がある程度、守られていたことが伺える」との認識を示した上で「今後、背景はさらに分析が必要だ」と述べた。



PCR対象者を「濃厚接触で症状あり」に限定 沖縄県、検査体制逼迫で(2020年8月8日配信『毎日新聞』)

 全国最多のペースで新型コロナウイルスの感染者が急増している沖縄県は、感染者が出た場合のPCR検査の対象者を原則、濃厚接触者のうち発熱などの症状が出ている人に限定することにした。これまでは政府の指針に沿って、症状の有無に関係なく濃厚接触者全員を検査してきたが、検査数の増加で医療機関に支障が出る恐れが生じている。

 直近1週間の人口10万人あたりの新規感染者数は33・56人(7日時点)で全国最多。沖縄県は7月31日、独自の「緊急事態宣言」を出したが、感染者数は8月7日に過去最多の100人、8日も84人と高止まりしている。また、政府の有識者会議が7日に公表した、流行状況を4段階に分けて判断する際の6項目の指標では、人口10万人あたりの療養者数▽直近1週間の陽性者数▽直近1週間と前の週の陽性者数の比較――の3項目で「感染爆発」のステージ4に達している。

 厚生労働省は5月29日、各都道府県などに濃厚接触者は無症状の人も含め全員をPCR検査の対象とするよう伝えた。沖縄県も指針に従ってきたが、感染者の急増に伴い「医療機関で検体の採取や報告の作業が増し、検査機関も体制が逼迫(ひっぱく)している」(県保健医療部)という。このため、濃厚接触者のうち症状がない人は、重症化しやすいとされる65歳以上の人や基礎疾患のある人、医療従事者らを除いて、PCR検査の対象としないことにした。

 玉城(たまき)デニー知事は7日の記者会見で「重症者をしっかりケアできる体制を維持することが何より大切。必要な方へ確実に医療を届けるための緊急的措置だ」と理解を求めた。

 8日からはお盆休みも始まり、観光客や帰省客を通した更なる感染拡大も懸念されるが、県内では軽症者や無症状者用の病床も不足している。8日時点で、病床数は医療機関(261床)と、宿泊療養施設として借り上げた三つのホテル(210床)を合わせて471床だが、療養が必要な人は734人に上る。

 県は宿泊療養施設の病床を更に増やす計画だが、対応する看護師や保健師などのスタッフ不足がネックになっている。玉城知事は看護師や保健師への応募を繰り返し呼びかけており、8日もツイッターで「とにかく人手が足りません。あなたの力をどうか県民のために」と書き込んだ。







スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ