FC2ブログ

記事一覧

熱中症で犠牲者 コロナ下の体力減に用心(2020年8月12日配信『北国新聞』-「社説」

 石川、富山両県で8月に入り、熱中症による犠牲者が相次いだ。10日の小松市、6日の七尾、射水各市の計3人ともに80代で、自宅の庭や畑で倒れているのを発見された。10日は小松、富山各市で38度を超すなど今後も危険な暑さになる日が増えそうだ。特に高齢者にとっては重症化しやすい新型コロナウイルスの感染再拡大が懸念されている。熱中症と合わせてリスク回避に気を抜かず、この厳しい夏を乗り切りたい。

 コロナ対策で常態化するマスク生活が熱中症のリスクを高めるため注意を要する。着用していると口腔内に熱がこもりやすく、喉の渇きにも気づきにくい。人との距離を確保できる場所では適宜にマスクを外すようにしたい。

 熱中症に詳しい医師によると、コロナ下で外出や運動の機会が格段に減り、思いのほか体力が衰えていることに自覚のない人が多いという。厳しい暑さの中で普段通りに庭仕事や農作業をすること自体が危険で、慎重な行動が欠かせない。高齢者は夜、トイレに行くのを嫌い、水分摂取を控えたり、体が冷えるのを避けてエアコンを使わなかったりする傾向があり、これらも熱中症を誘発する。

 厄介なのは熱中症とコロナ感染症の初期症状が似ていることだ。発熱や頭痛、けん怠感、吐き気、筋肉痛など共通する点が多く、日本救急医学会なども臨床症状から鑑別しにくいと指摘し、対応が遅れないよう注意を促している。自分で判断せず、診断を受けることが肝要だが、類似の体調不良を覚え、応急処置が必要な時は早く涼しい場所に移り、体を冷やして水分を補給したい。熱中症は放置すると、その日のうちに死にいたる場合がある。水分補給で症状が回復すれば、脱水症を起こしていた可能性があり、コロナ感染の疑いも小さいといえる。

 今年は長雨の影響で北陸の梅雨明けは平年より9日遅かった。7月の日照時間も金沢は平年の半分以下、富山は観測史上最短だった。その分、体が熱さに次第に慣れていく「暑熱順化」も遅れがちになっているという。熱中症になりやすい条件が幾つもそろう今夏は例年以上に予防の意識を高める必要がある。



[熱中症予防] コロナ下 適切な対処を(2020年8月12日配信『南日本新聞』-「社説」

 気温の上昇に伴い、熱中症の危険が高まっている。今年は特に新型コロナウイルスの流行長期化で、夏場なのにマスクが手放せないため、例年以上に細心の予防対策が欠かせない。

 鹿児島地方気象台は九州南部・奄美地方がきょうから17日ごろにかけて気温35度以上の猛暑日になる可能性があるとして、高温に関する情報を出し、健康管理に注意を呼び掛けた。

 政府はコロナ下の「新しい生活様式」の中で、「適宜マスクを外す」など熱中症予防のポイントを示している。適切な対処で暑さを乗り切りたい。

 熱中症は体温が上昇、体内の水分・塩分のバランスが崩れて生じるめまいや嘔吐(おうと)とといった体調不良の総称である。倦怠(けんたい)感などコロナと共通する症状も多く、すぐに見分けがつかないため予防が医療現場の負担減にもつながる。

 症状が重い場合は命に関わる。記録的猛暑といわれた2018年に続き、昨年も全国の死者は100人を超えた。今年に入っても、県内で7月末に鹿児島市の70代男性、出水市の60代男性が死亡している。

 総務省消防庁によると、昨年5~9月に救急搬送されたのは全国で7万人以上。このうち、発生場所で突出して多いのが「住居(庭などを含む)」の38.6%(2万7500人)である。

 近年の一戸建てやマンションは気密性が高く、原因の一つとされる。屋内だからといって安心はできない。エアコンを有効に使い、こまめな水分補給を心掛けたい。

 今年は外出自粛が続いたのに加え、梅雨が長引いて多くの人がまだ暑さに慣れていない。そこへ来ての酷暑で、体に大きな負担がかかっていることを自覚しなければならない。

 厚生労働省と環境省がまとめたこの夏の予防策の要点は、換気の確保とマスク着用のタイミングである。
 コロナの感染予防のために、屋内では換気扇を使ったり、窓を一部開放したりすることが大切だ。たとえエアコンの効率が落ちたとしても、この点は徹底してほしい。

 気温・湿度が高い中でのマスクには注意を要する。屋外でも人と2メートル以上の距離を取れる場合は適宜外し、マスクをしている時は負荷のかかる作業や運動は避けた方がいい。

 さらに気をつけたいのは、1人暮らしの高齢者ら「熱中症弱者」と呼ばれる人々への声掛けである。専門家は、夏に冬用の保温下着を着ていないか、といった細かな点を親しい人が確認することが大切、と説く。

 物流業界などでは、熱中症対策で周囲との距離に注意しながらマスクを外す動きが広がる。だが、周りの目を気にする人もいるようだ。一人一人が正しい知識を持って、コロナと熱中症をともに防ぐよう協力したい。





スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ