FC2ブログ

記事一覧

火垂るの墓(2020年8月18日配信『秋田魁新報』-「北斗星」)

 放り投げられたドロップの缶が夏草の茂みに落ちた。その拍子にふたが取れ、小さな白いかけらが転げ出る。ホタル数十匹が点滅しながら飛び交った。そんな印象的な描写から物語は空襲の場面にさかのぼる

▼野坂昭如さんの短編「火垂(ほた)るの墓」は1945年、敗戦前後の神戸などが舞台。海軍の父は音信なし、母を空襲で失い必死に生き抜こうとする兄妹を描く。兄は中学生、白いかけらは先に亡くなった4歳の妹の骨だった

▼後に制作されたアニメ映画を見て物語を覚えている人もいるに違いない。小説は独特の文体で戦争のむごたらしさをえぐる。句点を少なくし読点で文をつなぐ。そのリズムが飢えにさいなまれる2人を描き出して切ない

▼別の作品でも野坂さんは戦中の子供について書く。「昭和二十年頃に、五歳から十歳くらいだった子供ほど、みじめな存在はなかった」。物心ついた頃もう甘い物はなく、大人のようにおいしい物をたらふく食べた思い出もない。生きるため菜園から盗むしかなかった

▼火垂るの墓の兄妹が生きた最後の夏から75年、全国戦没者追悼式に参列した93歳の男性が語っていた。「政治に携わっている方々は私たち(戦争体験者)とは異質な考えを持っていると思う。間違った方向に行かないよう常に念願している」

▼小説と同様に幼い妹を失った野坂さんは死の間際まで言い続けた。「戦争をしてはならない。巻き込まれてはならない。戦争は何も残さず悲しみだけが残るんだ」



キャプチャ

アマゾン➡ここをクリック



キャプチャ2

解説
スタジオジブリによってアニメ映画化され日本中を涙で包んだ野坂昭如の名作小説を、「誰がために」の日向寺太郎監督が実写映画化。1945年6月の神戸。空襲で母を亡くし、出征中の父とも連絡が取れなくなった14歳の清太と幼い妹・節子は、遠い親戚の家に身を寄せることに。しかし2人を待ち受けていたのはおばさんからの非情な仕打ちだった。ついに耐え切れなくなった2人は、親戚宅を飛び出して防空壕の中で暮らし始める( 映画.com)。

2008年製作/100分/日本
配給:パル企画





スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ