FC2ブログ

記事一覧

コロナと熱中症(2020年8月20日配信『しんぶん赤旗』ー「主張」)

危険な暑さから命守る対策を

 猛烈な暑さが日本列島の各地を襲っています。最高気温35度を超す猛暑日となった観測地点が相次ぎ、熱中症の疑いで救急搬送される人が急増しています。今年の夏は、新型コロナウイルスの感染が再拡大するという、これまでとは全く異なる状況になっています。感染症と熱中症の双方に対して厳重に警戒するとともに、万全の備えを整える努力と工夫が欠かせません。命を危険にさらす猛暑から国民を守るため、国や自治体が、さまざまな分野で取り組みを進めることが重要です。

屋内で高まる死亡リスク

 消防庁の発表では、10~16日の熱中症による救急搬送者は全国で1万2804人に上りました。前週の約2倍です。うち約6割が65歳以上でした。高齢者は脱水になりやすく体温調整機能が弱い特徴があり、特に注意が必要です。

 屋内で熱中症になるケースが少なくありません。救急搬送された人のいた場所の半数近くが住居内でした。東京23区を管轄する東京都監察医務院によると、今月1日から17日までに亡くなった79人のうち、エアコンを使わない屋内にいた人は約8割の65人でした。エアコンを設置していない人だけでなく、あっても使っていない人もいました。夜間に死亡した人は32人でした。夜でも気温が下がらない中で、エアコンを適切に使うかどうかは命にかかわる問題です。

 エアコンを使うことを敬遠しがちな高齢者などに使用を促す声かけをはじめ、周囲からの見守りが欠かせません。とりわけ1人暮らしの人への対応が重要です。

 例年なら団地集会所などを涼める場所として開放した地域も、今年はコロナの影響でその実施は極めて困難です。接触の仕方に注意を払いつつ、電話による状況把握なども通じて住民を孤立させない取り組みが、多くの地域で行われています。そのような活動を支える公的支援も検討すべきです。

 エアコンは猛暑から命と健康を守る最低限の生活必需品です。政府もそのことを事実上認め、一昨年の「災害級」の猛暑を機に、生活保護を申請した人に対し、健康状態などの条件付きでエアコン購入費支給を開始しました。しかし、まだまだ必要な人に行き渡る規模と内容ではありません。故障した場合の修理費支給も認めていません。制度拡充が急がれます。安倍晋三政権がカットしてきた、光熱水費などの生活扶助基準の復活や夏季加算創設も行うべきです。

 夏休みの短縮により、多くの地域で学校が始まりました。マスクの使い方やこまめな水分補給への注意喚起など、コロナ感染症対策と合わせて熱中症から子どもを守るための教育現場の苦労は並大抵ではありません。子どもの安全を最優先に、現場が実情に見合った臨機応変な対応ができるようにすることが不可欠です。

医療機関の支援不可欠

 コロナによって医療提供体制がひっ迫する下で、熱中症患者が増える事態を防ぐために、政府が力を注ぐことが極めて重要です。

 同時に、熱中症は急変しやすく命にかかわります。医療機関がコロナの院内感染を防ぐ体制を整え、熱中症患者にちゅうちょなく対処できるよう、積極的な財政的な支援が必要です。医療現場をこれ以上疲弊させないために国が責任を果たすことが求められます。



危険な暑さ/コロナと両立する対策を(2020年8月20日配信『神戸新聞』-「社説」)

 暦の上では「残暑」というのに、全国的に「危険な暑さ」が続く。

 おとといまで5日連続で最高気温35度以上の猛暑日となる地点が全国200カ所を超えた。17日には浜松市で国内史上最高気温と並ぶ41・1度を観測した。兵庫県内でも洲本市、朝来市などで過去最高気温を更新する猛暑となっている。

 連日刺すような日差しが降り注ぎ、夜になっても気温が下がらない。原因とされるのが、日本列島の上空で太平洋と大陸から張り出して重なり合っている二つの高気圧である。この影響で県内の酷暑は少なくとも明日までは続く見通しだ。

 今年は新型コロナウイルスの感染対策とも両立しなければならない。熱中症への警戒を最大にし、予防に最善を尽くしたい。

 熱中症は体内の体温調整機能が異常を起こし、めまいや頭痛、吐き気などの症状を引き起こす。重症化すれば命の危険につながりかねない。

 総務省消防庁の速報値によると、16日までの1週間に熱中症で救急搬送されたのは全国で1万2804人を数え、前週の約1・9倍に急増した。同じ期間、県内では545人で、全国と同様の増え方である。

 特に高齢者は用心が必要だ。暑さを感じにくく、体温調節の機能も低下しているためで、65歳以上が全国の救急搬送の約6割を占める。17日には加古川市内の畑で70代の男性が死亡しているのが発見され、熱中症とみられている。

 屋内でも危険性は高い。死亡例で目につくのは、エアコンがないか、あっても作動していない室内で発見されたケースだ。昼夜を問わず冷房をしっかりと使うよう心掛けたい。

 周囲のサポートも欠かせない。気になる高齢者がいる場合、電話などで積極的に声かけをしよう。

 エアコン稼働時も時々窓を開放して換気する。屋外で2メートル以上の距離が保てるときはマスクを外す。1日1・2リットルを目安にこまめに水分補給する-。政府はコロナ禍の熱中症予防のポイントをホームページで公開している。環境省の「熱中症予防情報サイト」に掲載される「暑さ指数」なども参考になる。

 子どもの熱中症にも例年以上の配慮が要る。コロナ対応の休校措置に代わって夏休みが短縮され、猛暑の中で授業が始まっている地域が多い。子どもが暑さや息苦しさを我慢しすぎないよう、学校でも適切な声かけを心掛けてもらいたい。

 新型コロナウイルス「第2波」のまっただ中の猛暑である。熱中症の予防はコロナ対応に追われる地域の医療現場の負担軽減にもつながる。一人一人が意識し、互いの体調を気遣って厳しい夏を乗り切りたい。





スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ