FC2ブログ

記事一覧

伊藤詩織氏、杉田水脈衆院議員を提訴 中傷ツイートに繰り返し「いいね」(2020年8月20日配信『毎日新聞』)

キャプチャ
伊藤詩織さん=東京都中央区で2020年6月8日、北山夏帆撮影

 ツイッターで自分を中傷するツイートに繰り返し「いいね」を押されたことで名誉を傷つけられたとして、ジャーナリストの伊藤詩織氏(31)が20日、自民党の杉田水脈衆議院議員(53)に220万円の損害賠償を求め東京地裁に提訴した。

キャプチャ
杉田水脈氏

 SNS上での中傷が社会問題になるなかで、ツイッターでの「いいね」に法的責任を問えるかが焦点になる。訴状によると、国会議員であり、当時11万人のフォロワー(読者)を持ち、言論に影響力を持つ杉田氏が伊藤氏を中傷するコメントに繰り返し「いいね」を押したことは「限度を超えた名誉侵害にあたる」と主張している。

 また、伊藤氏は20日、名誉を傷つけるツイートを投稿したとして元東大特任准教授の大澤昇平氏に対しても110万円の損害賠償を求め東京地裁に提訴した。

キャプチャ2
大澤昇平氏



伊藤詩織さん、自民党杉田水脈衆院議員を訴える(2020年8月20日配信『日刊スポーツ』)

キャプチャ2
20年6月8日、都内で会見を開いたジャーナリストの伊藤詩織さん

 ジャーナリストの伊藤詩織さん(31)が20日、15年4月に元TBSワシントン支局長の山口敬之氏(54)から性的暴行を受けたと17年に実名を公表して明らかにした後、インターネット上で事実に基づかない誹謗(ひぼう)中傷の投稿により精神的苦痛を受けたとして、自民党の杉田水脈衆院議員(53)を相手に、220万円の損害賠償などを請求する訴訟を東京地裁に起こした。この日午前、訴状を提出した。

 訴状によると、英国の公共放送BBCが2018年(平30)6月28日に、伊藤さんの一連の問題について取り上げた報道番組「Japan's secret shame」(日本の秘められた恥)を放送した。その番組内で、杉田氏は

「彼女の場合は明らかに女としても落ち度がありますよね。男性の前でそれだけ飲んで、記憶をなくしてっていうような形で。社会に出て来て女性として働いているのであれば、それはイヤな人からも声をかけられますし。それをきっちり断わったりとかするのも、スキルの内ですし」

「男性の方は悪くないと、犯罪ではないという、司法裁判が下っているわけです。そこを疑うということは、日本の司法に対する侮辱だと思います。日本の警察、世界で一番優秀です。伊藤詩織さんがああいう記者会見を行って、ああいううその主張をしたがためにですね、あの、山口さんや山口さんの家族には、『死ね』とかっていうような誹謗中傷のメールとか電話とかが殺到したわけですよ。男性側の方が、私は本当にひどい被害を被っているんじゃないかなという風に思っています」

 と批判的なコメントをした。その上で同月末のブログに「伊藤詩織氏のこの事件が、それらの理不尽な、被害者に全く落ち度がない強姦事件と同列に並べられていることに女性として怒りを感じます」と批判的な投稿をしたという。

 さらに杉田氏は、同29日に自身のツイッターで
 
「もし私が、『仕事が欲しいという目的で妻子ある男性と2人で食事にいき、大酒を飲んで意識をなくし、介抱してくれた男性のベッドに半裸で潜り込むような事をする女性』の母親だったなら、叱り飛ばします。『そんな女性に育てた覚えはない。恥ずかしい。情けない。もっと自分を大事にしなさい。』と。」

 と投稿した。原告側は「『仕事が欲しいという目的で…男性のベッドに半裸で潜り込むような事をする女性』とは、ツイートされた時期やその内容に照らし、原告を指していることは明らかである」とした。

 杉田氏の一連の報告、ツイートに対し、伊藤さんに対する誹謗中傷のツイートなどがなされた。それに対し、杉田氏がツイッターの機能の「いいね」を押したことが、名誉感情侵害に当たるとして訴訟を起こした。BBC番組内のコメントについては、今回の裁判では問題にしていないという。

 伊藤さんは6月8日、ツイッター上で「枕営業」などの誹謗中傷の投稿で精神的苦痛を受けたとして、漫画家はすみとしこことA氏、同氏のツイートをリツイートした2人を相手に損害賠償などを請求する訴訟を東京地裁に起こした。同日、都内で開いた会見では、ツイッター以外に投稿された誹謗中傷に対しても、訴訟の準備を進めるとした上で「本人の前で責任を持って言えるか考えて欲しい。次の世代に引き継いで欲しくない。私たち世代で終わりにしたい」と訴えていた。

 伊藤さんは、2度目の訴訟を提起したことを受けた、この日の会見には登壇しなかった。関係者によると、伊藤さんの精神的負担が大きいことを考慮したとし、代理人弁護士の山口元一弁護士、佃克彦弁護士、西廣陽子弁護士が登壇した。



伊藤詩織さん、杉田議員を提訴 中傷に「いいね」は名誉侵害と(2020年8月20日配信『共同通信』)

キャプチャ
伊藤詩織さん(左)、杉田水脈衆院議員

 性暴力被害を公表したジャーナリスト伊藤詩織さん(31)は20日、自身を誹謗中傷するツイッターに、自民党の杉田水脈衆院議員が賛同を示す「いいね」を押したことで名誉を傷つけられたとして、杉田氏に220万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴した。

 原告側によると、「いいね」を押すことが名誉侵害に当たるかどうかが争点となる訴訟は珍しいという。訴状によると、杉田氏は2018年6~7月、BBCの番組やツイッターで伊藤さんを批判。その後、伊藤さんを中傷するツイートに「いいね」を押したとしている。
 杉田氏側は「訴状が届いていないためコメントできない」としている。






スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ