FC2ブログ

記事一覧

戦火の絶えないアフガニスタンでかんがい事業に取り組んだ中村哲…(2020年8月20日配信『西日本新聞』-「春秋」)

 戦火の絶えないアフガニスタンでかんがい事業に取り組んだ中村哲医師が現地で銃撃され亡くなったのは昨年の12月のことだった

▼乾いた大地を緑の農地に変え人々に平和で豊かな暮らしを-。中村さんが生涯をささげた事業の「その後」が気になっていた。支柱を失った上、新型コロナ禍は現地にも苦難を強いていよう

▼先日、中村さんの活動を支えた非政府組織(NGO)「ペシャワール会」の会報が届いた。2020年度も護岸の延長や用水路の改修など中村さんが残した事業を継続して進めると知ってほっとした

▼会報には中村さんと共に働いた現地の人たちの声も。「ドクターサーブ(先生さま)中村のことが皆の心から忘れ去られることは決してありません」「私たちは先生のご意志を継いで生きて参ります」

▼現地の公園に高さ約15メートルの「ドクターサーブ・ナカムラ記念塔」が建設中だ。中村さんは「人の名前は残らないが、かんがい施設はいつまでも残る」と話していたけれど。自らの安全はさておき、現地の人たちの命と暮らしを守るために奮闘した人の名だからこそ、人々の胸に深く刻まれたのだろう

▼「ナカムラテツ」はことし6月、小惑星の名になった。今度は昆虫に。佐賀大の研究チームが、新種のタマバエに「マッサロンジア・ナカムラテツイ」という学名を付けた。大の虫好きだったという中村さん。泉下でにっこりしていようか。




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ