FC2ブログ

記事一覧

聞き込みはインターホン、参考人聴取は電話で 警視庁もソーシャルディスタンス(2020年8月21日配信『毎日新聞』)

 聞き込みはインターホン越しに、参考人からの事情聴取もなるべく電話で――。警視庁は新型コロナウイルスの感染防止対策をまとめた職員向けガイドライン(指針)を策定し、21日公表した。職員が感染すると、同僚も自宅待機になるなど業務の継続に支障が出かねないためで、東京都内102の全警察署などに配布し活用してもらう。同庁によると、全国の都道府県警で初めての試みだという。

 警察官は、事件の容疑者の取り調べや交通違反の取り締まり、留置場の管理など、対象者との距離が近くなることが多い。指針では、こうした感染リスクへの対策として、参考人からの事情聴取は可能な限り電話で対応▽聞き込みや家庭を訪問する巡回連絡はインターホン越しか、一定の距離を取って行う――などを挙げた。

 飲酒運転の取り締まり現場で直接臭気を嗅がずに感知器を使うことや、容疑者の逮捕や住宅などの捜索時には相手に発熱などの症状がないかを確認することも求めた。

 警視庁では20日現在、警察官や警察職員ら53人の感染が確認されている。警備1課の重久真毅課長は「感染リスクが高い環境にあっても対策を徹底したい」としている。




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ