FC2ブログ

記事一覧

自民、14日にも総裁選、17日に新首相選出へ 党員投票せず都道府県代表に(2020年8月30日配信『毎日新聞』)

 自民党は、9月14日にも両院議員総会で総裁選を実施する方針を固めた。党員投票は実施せず、国会議員394票と各都道府県連141票の計535票で行う。自民党は17日に臨時国会を召集し、即日、新首相を選出する日程を調整している。

 総裁選は通常、自民党の国会議員394人(衆参両院議長を除く)と同数の394票が党員票に割り当てられ、計788票で実施される。しかし、今回は安倍晋三首相(党総裁)が任期途中で辞任を表明。これを受け、自民党は9月1日に総務会を開き、党則が緊急時に認める両院議員総会での総裁選実施を決める。

 両院議員総会での総裁選では党員投票の代わりに47都道府県連の代表者3人に1票ずつ割り当てられる。通常の総裁選よりも国会議員票394票の比重が大きい。党内には地方の声を十分反映させるべきだとして、通常の方法での実施を求める声もある。

 有効投票の過半数を得た候補が新総裁に当選する。過半数に達する人がいない場合は、上位2人による決選投票が、国会議員票と都道府県連各1票で即日実施される。新総裁の任期は安倍首相の残り任期の2021年9月末までとなる。

 自民党は新総裁のもとで直ちに党役員人事を行い、16日までに新執行部を発足させたうえで、臨時国会に臨む日程を描いている。



菅氏の動向が総裁選構図に影響も 9月17日に首相指名選挙案(2020年8月30日配信『NHKニュース』)

キャプチャ1

安倍総理大臣の後任を選ぶ自民党総裁選挙をめぐって、二階幹事長や森山国会対策委員長らが29日夜、菅官房長官と会談していたことが明らかになり、菅氏の動向が選挙の構図に影響することも予想されます。一方、党内では、来月15日までに新しい総裁が決まれば、17日にも臨時国会を召集し、その日のうちに総理大臣の指名選挙を行う案が検討されています。

安倍総理大臣の後任を選ぶ自民党総裁選挙をめぐっては、これまでに岸田政務調査会長と石破元幹事長、それに野田聖子元総務大臣が立候補に意欲を示しています。

こうした中、二階幹事長や森山国会対策委員長らが29日夜、菅氏と会談していたことが明らかになりました。

出席者によりますと、会談では、総裁選挙への対応について意見が交わされたということです。

また、二階派は30日午後、党本部に幹部が集まって今後の対応を協議しました。

このあと河村元官房長官は、記者団から「派閥として菅氏を推す流れになりそうか」と問われたのに対し「空気としては、そういう空気が生まれつつある」と述べました。

菅氏は、これまでのところ総裁選挙に立候補するかどうか明らかにしておらず、菅氏の動向が選挙の構図に影響することも予想されます。

一方、立候補に意欲を示している岸田氏は、29日に続いて、議員会館の事務所で打ち合わせを行い、夕方には、麻生副総理兼財務大臣と都内で会談しました。

このあと岸田氏は、記者団に対し「あいさつし、指導をお願いした」と述べました。岸田氏は、かつて同じ派閥に所属していた麻生派の鈴木総務会長の自宅も訪れました。

石破氏は、大津市で地元の党員らを前に講演を行ったあと、記者団に対し、立候補に重ねて意欲を示しました。そのうえで「民主主義にもとるやり方で総裁を選ぶことはあってはならない」と述べ、新しい総裁は、党員投票を省略せずに選出すべきだという考えを強調しました。

また、小泉環境大臣は、福島市で記者団に対し、みずからは立候補しないとしたうえで、仮に河野防衛大臣が立候補する場合には、支援したいという考えを示しました。

これについて、河野大臣は、都内で記者団に対し「そうおっしゃって頂けるのはありがたい。皆さんと相談して決めていきたい」と述べました。

キャプチャ

総裁選挙をめぐっては、党の執行部の間で、来月13日から15日を軸に、両院議員総会を開いて新しい総裁を選ぶ方向で調整が進められています。

そして、立憲民主党と国民民主党などが、来月16日に合流新党の結党大会の開催を目指していることを踏まえ、党内では、15日までに新しい総裁が決まれば、党役員人事を経て17日にも臨時国会を召集し、その日のうちに総理大臣の指名選挙を行う案が検討されています。



河野防衛相 自民党総裁選 「党員の声もしっかり反映が大事」(2020年8月30日配信『NHKニュース』)

キャプチャ

河野防衛大臣は東京都内で記者団に対し、安倍総理大臣の後任を選ぶ総裁選挙の在り方について、「自民党を支えている党員の皆様の声もしっかり反映する感じで、次を決めていくのが大事だと思う」と述べました。

そのうえで、小泉環境大臣が、仮に河野大臣が立候補する場合には支援したいという考えを示したことについて、「小泉環境大臣は総裁候補たり得る1人だと思うので、そうおっしゃって頂けるのはありがたい。皆さんと相談して決めていきたい」と述べました。




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ