FC2ブログ

記事一覧

合同練習会シート打撃 松阪商の右腕・松山が好投「球は走っていた」(2020年8月31日配信『スポーツニッポン』

キャプチャ
<プロ志望高校生合同練習会>室内練習場での松阪商・松山の投球がビジョンに映し出される(撮影・大森 寛明)  写真を拡大 ◇プロ志望高校生合同練習会(2020年8月30日 甲子園)

 阪神甲子園球場で開催されたプロ志望高校生合同練習会(西日本会場)の2日目は、午後からA組のシート打撃が行われた。降雨により5組目の途中で会場が室内練習場に変更となった。

 生まれつき左耳が聞こえず、中学校時代は聾(ろう)学校に通った松阪商(三重)の右腕・松山心(3年)は甲子園のマウンドまであと一歩だったが、雨にたたられて無念の室内練習場での登板も、打者5人に対して17球を投じ、1奪三振2四球で安打性の当たりは0とアピールに成功した。

 「実戦形式では、緊張してしまい、あまりいいピッチングができませんでしたが、球は走っていたと思います。自粛期間中は、思うように練習ができませんでしたが、食事面などで体重を増やすことができ、球にスピードがでるようになりました。チームから必要とされるようなプロ野球選手になることが目標です」





スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ