FC2ブログ

記事一覧

三菱電機など、話した言葉を表示するアプリ無償提供(2020年9月2日配信『日本経済新聞』)

 三菱電機と兼松コミュニケーションズは市役所や病院を含む聴覚障害者支援団体を対象に、話した言葉を画面上の指でなぞった跡に表示できるアプリ「しゃべり描きアプリBiz」を無償提供すると発表した。新型コロナウイルスの感染対策でマスクを着用することにより、話者の口元が見えず会話に困る聴覚障害者を支援する。

キャプチャ
アプリを使って医師が診断内容を説明する例

 兼松コミュニケーションズへの申し込みを通じ、iOSを搭載するスマホやタブレット向けに4日からアプリの無償提供を始める。スマホやタブレットに向けて話した音声を認識し、画面の好きな位置を指でなぞった跡に合わせて文字を表示する。写真や手書きのイラストをアプリに取り込み、好きな位置にメッセージを加えるといった使い方ができる。

 聴覚障害者は手話に加え、話者の唇の動きや表情などからも情報を得ている。新型コロナの感染防止のためにマスクを着けた状態でも、口元や表情を見ずにアプリを使って会話をしやすくする。日本語、英語、中国語など15言語に対応した多言語翻訳機能も持つ。

 アプリは通常、1ライセンス当たり月額500円(税別)で提供している。現時点で2千IDを無償提供分として用意する。提供期限は2021年3月末までだが、IDの利用状況により前後する。(井原敏宏)




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ