FC2ブログ

記事一覧

菅氏、不妊治療保険適用に意欲 自民党総裁選公開討論会(2020年9月10日配信『秋田魁新報』)

キャプチャ
自民党青年局・女性局主催の公開討論会で発言する菅官房長官=9日午後、東京・永田町の自民党本部

 自民党総裁選に立候補した石破茂元幹事長、菅義偉官房長官、岸田文雄政調会長は9日、党青年局・女性局主催の公開討論会に臨み、少子化対策や女性政策を中心に論戦を交わした。石破、菅両氏は不妊治療支援に言及。菅氏は保険適用の実現に意欲を示した。岸田氏は出産費の実質無償化を掲げた。討論会は、新型コロナウイルス対策のため入場者数を制限した。

 少子化問題に関し、石破氏は「出生率が下がる原因を取り除く」として低所得や男性の家事分担率の低さを課題に挙げた。都市部への人口集中も背景との認識を示した。

 菅氏は、消費税率を10%に引き上げた増収分を子育て支援に充てたと強調。「待機児童問題に終止符を打ち、子どもを産むハードルを下げる」と述べた。岸田氏は、女性政策を充実するとして、乳がんや子宮がんの検診費用支援を例に出した。

 若者向けの政策を巡り、3氏はいずれも大学生らへの経済支援の必要性に触れた。岸田氏は政府が大学に授業料分を全額補助し、卒業後に給料から天引きで徴収するオーストラリアの高等教育拠出金制度「HECS(ヘックス)」を例示。「日本でも考えてもいいのではないか」と語った。

 3氏は討論会に先立ち、それぞれ支持獲得の活動を展開。石破氏は埼玉県川越市の田園地帯で演説し、岸田氏は茨城県美浦村で県議らと懇談した。菅氏は議員会館を回り、票固めを進めた。




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ