FC2ブログ

記事一覧

全てがいたたまれない(2020年9月12日配信『愛媛新聞』-「地軸」)

 言葉もまだ自由に使えない幼子。病で昏睡(こんすい)状態になり、笑ったと見えた瞬間、息が絶える。「笑ふより外はえ知らぬをさな子のあな笑ふぞよ死なんとしつつ」

▲次女を失った窪田空穂の歌に、歌人の永田和宏さんは「親としてこれほど切ない場面もない」。子の死を詠んだ歌には、解説的文章を付けることがためらわれるような「厳粛な悲しみ」があるとも

▲「ママ、ママ」と呼んでいたろうか、姉が妹の世話をしていたのではないか。もしかしたらママに「車の外に出たらダメ」と言われ、守っていたのかもしれない。高松市で3歳と6歳の姉妹が車内に置き去りにされ、熱中症で亡くなった

▲保護責任者遺棄致死容疑で逮捕された母親は、夜通し2人を車に放置し、酒を飲むなどし昼ごろ車に戻ったという。車内には飲みかけのペットボトルや食べかけのパンなどがあった

▲2人が通う幼稚園は新型コロナウイルスの影響などで本年度はほぼ休園していたが、2学期が今月開始。容疑者は第1週は感染防止を理由に休ませると伝えていたという。なぜ、こんなことが起きたのか。二度とないよう、背景の解明を

▲望んで葬儀後の2人と対面したという容疑者。もう、笑うことも、目を開けることも、声を出すこともないわが子の姿に何を思っただろう。あまりに短く失われた幼子の命。被害者と容疑者になった親子の周囲の人々のやりきれない思い。全てが、いたたまれない。




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ