FC2ブログ

記事一覧

名古屋城エレベーター設置で要請 市へ助言を、障害者団体が知事に(2019年7月5日配信『共同通信』)

 名古屋市が木造復元を目指す名古屋城天守閣へのエレベーター設置を求める愛知県の障害者団体は5日、大村秀章知事と市内で面会し、新天守にエレベーターを設置しない方針の市に対し、助言やあっせんを行うよう求める申立書を提出した。大村知事は「しっかりと受け止める。関係部局で精査し、適切に対応する」と述べた。

 障害者団体は「名古屋城木造天守にエレベーター設置を実現する実行委員会」。辻直哉事務局長は、河村たかし市長が新技術でバリアフリーを実現すると説明している点に関し「新技術は確立していない。無責任だ」と大村知事に指摘した。



名古屋城エレベーター障害者要望(2019年7月2日配信『NHKニュース』ー「東海)

 名古屋城の天守閣をエレベーターを設置せずに復元するとしている名古屋市に対し、障害者などでつくる団体が、エレベーターの設置を求める署名を提出しました。

 大阪城へのエレベーターの設置をめぐる安倍総理大臣の発言に注目が集まる中、団体の代表は「エレベーターは社会にとって必要だと理解してほしい」と訴えました。

 名古屋市は木造での復元が計画されている名古屋城の天守閣について、忠実な復元をめざすため、エレベーターは設置せず、新たな技術で対応する方針です。

 これに反対する障害者などでつくる団体が2日名古屋城を訪れ、新しい天守閣にエレベーターの設置を求める約6000人分の署名を名古屋市の担当者に提出しました。

 署名を受け取った担当者は「多くの関係者と対話をしていきたい」と応じていました。

 復元された城へのエレベーターの設置をめぐっては安倍総理大臣が大阪城について、「大きなミス」と発言し、野党側から批判が出ています。

 これについて、署名を提出した団体の近藤佑次共同代表は「影響力のある人の発言がバリアフリー化を目指す社会に逆行していくことを私たちは懸念している。エレベーターは否定されるものではなく、社会にとって必要だということを分かってもらいたい」と訴えました。

 安倍総理大臣は、2日、自身の冗談めかした発言について、「取りようによっては、障害者やお年寄りに不自由があってもしかたがないと聞こえるもので遺憾だ」と述べたということです。





スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ