FC2ブログ

記事一覧

ドコモ口座の悪用 業界挙げ不正防止強化を(2020年9月16日配信『北国新聞』-「社説」)

 NTTドコモの電子マネー決済サービス「ドコモ口座」を悪用した預金引き出しの被害が拡大している。不正な出金はゆうちょ銀行や地銀など同サービスで連携する計11銀行に及び、被害は15日午前0時時点で143件、総額約2670万円に上る。

 この問題はドコモや各銀行のセキュリティーの甘さを露呈しただけでなく、日本のキャッシュレス決済の信用を大きく損ねた。事件の全容を早期に解明するとともに業界を挙げて不正防止の再構築に努めてほしい。

 石川、富山両県の北國、北陸、富山第一、富山の各銀行はドコモ口座と連携しておらず、不正利用は確認されていない。ただ、各銀行はスマートフォンを使ったQRコード決済や、代金が口座から即時引き落とされるデビットカードなどキャッシュレス決済を推進している。サービスの信用度を高める上でも安全対策を点検し、利用者の安心を確保する必要がある。

 問題になったドコモ口座は、登録した銀行口座やコンビニなどから入金すれば、インターネット上で買い物や送金ができる。ドコモによると、第三者が口座番号や暗証番号を入手し、本人になりすまして開設したドコモ口座に、登録銀行の口座から送金して不正に預金を引き出したとみられる。

 不正出金が可能になった要因として、ドコモ側は本人確認が不十分だったと認め陳謝した。連携する銀行側にセキュリティーを高める2段階認証がなかった点も指摘されている。昨年、不正利用が多発し開始3カ月で廃止になったセブン&アイ・ホールディングスのスマホ決済サービス「セブンペイ」も2段階認証を導入していなかった。日本の最大手が手掛けるキャッシュレス決済で安全対策の基本が抜け落ちている事態は由々しきことだ。情報管理体制に関して金融庁は監督を検討すべきだろう。

 また、個人の銀行口座番号や暗証番号が外部に漏れていることも深刻だ。手口はまだ分かっていないが、偽サイトなどを使ったネット犯罪が巧妙化している。私たち自身も暗証番号の秘匿を徹底するなど自己防衛に努めたい。




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ