FC2ブログ

記事一覧

感染者と3回接触も「接触なし」と通知 相談返信に50時間 記者が接触アプリ不具合に遭遇

 記者(40)も新型コロナウイルスの感染者と濃厚接触した記録があったが、接触確認アプリ「COCOA」が「接触なし」と誤表示した不具合に遭遇した。

キャプチャ
新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)

◆濃厚接触のプッシュ通知後 「接触なし」表示


 「ピコン!」。突然の通知音で目を覚ましたのは9月8日未明。スマホの画面を見ると、濃厚接触の可能性を知らせるプッシュ通知があった。驚いてスマホを触ると通知は消えた。

 すぐCOCOAを開いたが「接触は確認されませんでした」の表示。せきや熱などの自覚症状はない。誤通知だと思ったが「取材先や家族に万一のことがあったら」と不安が募った。

 翌朝、厚労省にメールで問い合わせたものの返信は50時間後。人と接触しないよう心掛けたが、その間、不安は消えなかった。

キャプチャ2

◆実際は感染の「疑いあり」

 返信には接触記録の確認手順が書かれていた。濃厚接触した可能性があるかは、アイフォーンの「接触通知」から見られる(最新のiOSの場合)。感染確認者と接触していれば「一致したキーの数」が「1」以上と表示される。

 確認すると「1」が3件。3回接触していた。感染の「疑いあり」だ。返信の指示通り相談窓口に電話すると相談員はアプリの不具合を把握しており、「以前はアプリの不具合による行政検査(無償のPCR検査)を断ったが、余裕があるときは受け入れている」と説明した。空きがあった13日に検査を受け、2日後に陰性の結果が出た。

◆効果には信頼性が大前提

 ただ、アプリに関連した検査依頼が殺到し、自覚症状がなければ検査を断ることもあるという。アプリの効果は信頼性が大前提。誤表示と思い込み、普段通りの生活をして感染を広げてしまう恐れもある。(岸本拓也)




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ