FC2ブログ

記事一覧

パパの分まで/僕と結婚していたら/パパの手紙は捨てて/こどものために生きていく/新しいパパがほしい/ママ友に甘えて/百年の恋も一気に冷めたので/老後の不安 加納(大久保)三代さんブログ (2020年9月20日~22日)

パパの分まで
NEW!2020-09-22 08:36:51

テーマ:母子家庭

次女が、ぽつりいいました。

「寂しいときは、"パパはとても忙しいお仕事で、帰ってこれないんだ"と思うようにするの。そして、"ほんとは捕まっちゃったんだけどね"とは考えないようにするんだ」六歳児の胸の奥深く、どんな葛藤があるのかと切ない。

よって次女のおねだりに応えて、ボーイスカウトに入団させることにしました。逮捕前、ボーイスカウト活動は、父子の大切なふれあいの時間だったのです。

私は野外活動は苦手だけど、子どものために頑張って参加します。私は、仕事でも家庭でも、パパとママの一人二役やらねばなりません。やるっきゃないさ。

たくさん想い出作ろう。



僕と結婚していたら
2020-09-21 19:54:12

テーマ:母子家庭

学生時代の友人(独身)から「僕と結婚していたら、衆議院議員にはなれなかったかもしれないけど、夫逮捕の経験もせずに済んだのにね」と言われて爆笑。

心身回復してきたので、診療所の大掃除をしました。パンフレットなどもろもろ捨てていくのですが、物心ともに夫の開業を支えた自分が惨めです。逮捕されるようなことをしておきながら、後片付けひとつしていなかった夫にはつくづく自分のことしか考えない奴だったことを再認識させられますね。まあそれもこれも私が判断を誤った結果なので、休み休み片付けやっていきます。

薬草園では、柿がなっています。

診療所での穏やかで緩やかだけど着実な時間。夫には退屈で、京都に刺激を求めにいってしまったんでしょうかね。



パパの手紙は捨てて
2020-09-21 14:41:00

テーマ:母子家庭

元夫から、私と子どもたちに、手紙が届きました。

子どもたちは一瞥して、封筒にしまいこみました。一方私は何度も読んでしまい読むたびに泣いていました。すると子どもたちから
「ママ、もうパパからの手紙読むの禁止。手紙は燃やして捨てよう」と言い出したのです。

中身は「長女ちゃんは、パパの大切な宝物です」とか「社会にでてきたら、次女ちゃんを抱っこさせてね」とかいうベタベタなものでしたが。長女は「そんなこと言われても困るし。パパのことを忘れはしないけど、新しいパパと楽しく過ごしたいから」次女は「パパの書いてることわからないから、もういいの。」だって。

そして子どもたちは「あのさー、ママが最初に結婚した人にパパになってもらったらいいんじゃない?きっとママのこと、受け入れてくれると思うんだよね」と爆弾発言を。小学生でも女子は女子。

タジタジです。イヤー、全くあり得ないし、考えつきもしなかったけど。

堀の向こうのパパには、教えないことにします。



こどものために生きていく
2020-09-21 09:03:38

テーマ:母子家庭

夫が逮捕されてから「お子さんのために、頑張って」という声をたくさんかけて頂いたのですが、当初は全く実感がわきませんでした。元夫への怒りや悲しみ、疑問、自責の念などの感情の渦に振りまわれて、とにかく死ぬことばかり考えていました。

ようやく最近になって「子どもために生きていく」腹がきまったところです。昨日子ども達から「新しいパパは、ママに嘘をつかなくて、ママと分かり合える人がいいな」と言われて、ああ子ども達はずっと私を見守ってくれて、待ってくれていて、そしてわかってくれていたんだと、ジーンとしました。私が何よりも辛かったことは、夫が嘘をついていたことだったから。

一時は、夫を失うと同時に、母性も抜け落ちてしまっていたように思っていましたが、そんなことはありませんでした。今はただただ子どもが可愛く、愛おしいです。夫がいなくても、私はお母さんをやっていける気持ちになりました。

加納みよに戻って、生活再建は着々と進めています。いろんな方の助あってのことです。つくづく自分が、結婚不適合者だったことを反省させられますね。私は元夫に全身全霊捧げ、社会性を失っていたことに気づかされるのです。

絶望の淵にいた私が、死なずに済んだのは、周囲のサポートに恵まれたからにつきます。死にたい気持ちに駆られたとき、何気なく電話をくれる人がいたり、食事に連れ出してくれる人がいたり、野菜やおかずを届けてくれた人がいたのです。そこで気を取り直し、とにかく今日一日は生きよう、と。その積み重ねのうちに、次第に元気になってきて、死にたい気持ちも消失しました。もし、わたしと子どもだけで孤立するような状況になっていたら、とてももたなかったと思います。

さて今日は、大掃除です。診療所閉院後、当該物件をシェアハウスとして運営していくのですが、二名の入居者が決まったのです。

では、今日も頑張ります。



新しいパパがほしい
2020-09-20 20:26:00

テーマ:母子家庭

思いつめた様子の長女から、切り出されました。

「あのさ、ママ。わたし、新しいパパが欲しい」私は動揺しつつ受容。

「ボーイスカウトに一緒にいってほしいの?」と問うと「うん、優しくしてもらいたいの。そしてね、新しいパパはどんな人がいいかというと。優しくて、ママに嘘つかないでママと分かりあってくれる人がいい」そうです。横にいた次女も「わたしも、お姉ちゃんと同じ気持ち。」と添えます。

絶句。「パパ(元夫)に、留置所から帰ってきてほしい」じゃないことに、です。

先週京都までいき、元夫に接見しました。

逮捕後、約二か月ぶりのパパとの面会を、子ども達はとても楽しみにしていました。しかし再会は、子ども達が期待していたものとは全く違っていたのです。

アクリル板越しで、警察が見張る中、言いたいことも言えない状況がショックだったようで、接見終了後、次女は号泣しました。

「あのガラス(アクリル板)なに?わたし、ハンマーをもってくればよかった。あのガラスのせいで、パパに抱っこしてもらえなかった。児相の人にいえば、あのガラス、壊してもらえるの?児相の人にいえば、逮捕されたパパが、帰ってくるの?」と取り乱していました。

子ども達のメンタルを心配していた私でしたが、接見後の1週間で子ども達なりに整理をつけていたのですね。早っ「新しいパパ」って言われてもなあ・・・・。

バツ2だし子ども二人いて離婚理由が夫の逮捕だなんて、受け入れてくれる男子がいるとは思えない・・・。

私がパパとママ、両方頑張るしかないと思うんですよね。

とにかく仕事、頑張ります♪



ママ友に甘えて
2020-09-20 10:53:23

テーマ:母子家庭

「うちの子と一緒に、昼ご飯食べさせておくよ」と声かけてくれた友達に甘えて、営業出発。

クマはコンシーラーで見事隠れました😉

キャプチャ



百年の恋も一気に冷めたので
2020-09-20 08:27:56

テーマ:母子家庭

blog読者の中には、私のメンタルを心配して、今日も生きていることを確認するために読んでくださっている方がおられること、承知しています。ありがとうございます。

今私のメンタルはほぼ復活しており希死念慮もなく、過呼吸もなく、ごはんはおいしく食べられて良く眠れています。ちなみに、抗うつ薬の類は全く飲まないままでして、デパスも持参はしていますが、飲んだことがありません。

お薬に頼ることなく、やっていけそうな気がしています。

心優しい男子たちに、美味しいご飯をたべさせてもらってちやほやしてもらえばそれで気持ち切り替えてやっていけるような単純な女なんだと再自覚。

今真剣に考えて、実行に移し始めたことは一回は、同情や興味好奇心で会ってもらえる。

二回目以降も会ってもらうためには、私から紳士たちに何を提供できるかということ。

仕事上の存在感や必要性を感じていただけるようにいろいろ頑張っています。

その頑張る過程で、昨夜は石巻のスナックにいました。(ホステスになったわけではありません。営業先だったの)

店に足を一歩踏み入れたとたん、タバコ臭さで気が遠くなりそうになりました。

わたし、ほんの二か月前まで、院長婦人だったんだよね。

なんでここにいるんだっけ???と一瞬混乱したもののそうだった、10数年前もここからはじめたんだ、わたし。

戻ってきただけ。もう一度ここから、這い上がるんだ這い上がり方は、あたし、知ってる。と気持ちを切り替えました。

疫病神(元夫)から来た手紙に「バツ2にしてごめん。再再婚して、幸せになってね」と書かれていた衝撃にくらべたら、どんなことにも耐えられます。

バツ2の二児もち。離婚理由は夫の逮捕。

そして元国会議員。再再婚なんて、できるわけないじゃん!!!どの口がいってんの(怒)

今や、元夫のことを思い出すこともありません。

怒ったり泣いたりしたところで、状況が変わるわけではないからね。

では今日も、営業いってきます♪



老後の不安
2020-09-20 00:55:15

テーマ:母子家庭

今日も営業頑張ったから出会いにも恵まれました。

まだ夫逮捕から2ヶ月たってないけど生活は激変です。

今のうちに頑張らなきゃのおもいを、日々強くしています。

病気や怪我もしないようにしなきゃね。

キャプチャ






スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ