FC2ブログ

記事一覧

「死にぎわに何を思う」(2020年9月23日配信『神戸新聞』-「正平調」)

 「死にぎわに何を思う」。ドキリとするタイトルの本に出合った。自分はどんな最期を迎えるのだろう。ふと考えるようになったのも、年のせいか

◆著者は上村くにこさん。専門はフランス文学だが、7年前に甲南大学を定年退職後、死生学という新しい学問に挑んできた。古今東西の医学や哲学、文学、芸術の知恵を借り、「死ぬ覚悟」のつけ方を説く

◆際立つのは日本と西欧の違いだ。日本ではリビングウイル(延命治療についての事前指示書)の制度に賛成する人が66%もいるのに、実際に書いた人は8%。多くの国が制定する尊厳死法も認められていない

◆一方、欧米ではさらに踏み込み、安楽死の合法化が進む。「いざとなれば安楽死できるから生きる力が湧いてくる」という患者らの声は切実だが、あまりにも性急に処置が行われたケースを指摘する医師もいるという

◆上村さんはただ机上で人の生死を論じているのではない。4年前に自身が肺がんの宣告を受け、この年同じ病で英国人の夫を亡くした。「正解はない。とことん考え抜いて」。そう語り掛ける言葉は深く、優しい

◆縁起でもないと目を背けないで、元気なうちに身近な人と話し合っておきませんか。死にぎわになって「しまった」と思うことのないように。

51daTfvYp.jpg

甲南大学名誉教授でフランス文学者の著者が、古代神話や日本と西欧の歴史、戦後のがん闘病記などから、死にどう向き合うべきかについて考察する。先人たちは、死を前にして何を思い、残された人生をどう生きたのか。各国の安楽死制度についても解説。

出版社からのコメント
死と向き合うのが難しい現代にあって、私たちは、どうやって死ぬ覚悟をつけたらいいのでしょうか。
この本は、古今東西、死に直面した人々が、何を考え、どうやって死んでいったのかを紹介した本です。
日本と外国における死生観の変遷や、戦後のがん闘病記の数々、西欧における安楽死論争なども詳しく書いています。
死に直面した時、考えることは人によって様々です。
いろいろな人たちの生き方・死に方を収録した本書には、どんな方でも、必ず引っかかる部分があるでしょう。

アマゾン➡ここをクリック





スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ