FC2ブログ

記事一覧

手話で世界を元気に 倉吉で「甲子園」リモート開催(2020年9月28日配信『日本海新聞』)

 「第7回全国高校生手話パフォーマンス甲子園(実行委員会主催)が27日、鳥取県の倉吉未来中心で開かれた。新型コロナウイルスの感染予防として今年は会場と参加校をリモートでつなぎ、生徒たちが手話を取り入れた歌やダンスなどを動画で披露。奈良県立ろう学校が3年ぶり3度目の優勝に輝いた。

キャプチャ
「銀河鉄道の夜」の世界観を表現した奈良県立ろう学校の演技動画=27日、鳥取県の倉吉未来中心

 2013年に鳥取県手話言語条例が全国で初めて制定されたことを機に、手話の普及と理解を図ろうと毎年開催。今年は全国から34チームが参加し、事前に撮影した動画による予選を突破した15チームが本大会に出場。鳥取県からは2チームが出場した。

 大会では秋篠宮家の次女佳子さまから寄せられた動画による応援のお言葉が流され、生徒たちはコロナ禍で練習に苦労しながらも作り上げたパフォーマンスを披露。笑いを取り入れた演劇や歌とダンスで平和の尊さを表現するなど、手話で世界を元気にするメッセージを届けた。

 優勝した奈良県立ろう学校は、宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」の世界観を幻想的な演技で表現。平木愛梨さん(2年)は「現地で披露できず残念だったが、昨年の準優勝が悔しく1年間練習した成果が出せてよかった」と喜んだ。(田中美千留)

 優勝以外の上位入賞チームは次の通り。

キャプチャ

キャプチャ2




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ