FC2ブログ

記事一覧

「アイヌの美しき手仕事」展(2020年9月29日配信『しんぶん赤旗』ー「潮流」)

 うねる渦巻き、光る目のようなひし形、植物のトゲや新芽を表す曲線と鋭角、魚のうろこ状の精緻な連なり。衣服や帯、木工芸に施されたアイヌ文様は、大自然と共に生きる日常の中から生み出されたことがわかります

▼東京・駒場の日本民芸館で開催中の「アイヌの美しき手仕事」展に出かけました。同館の創設者で思想家・美学者の柳宗悦(やなぎ・むねよし=1889~1961年)は、開館5年目の1941年にすでに「アイヌ工芸文化展」を開いています

▼「なぜアイヌにあんなにも美しく物を作る力があるのであろうか。今も本能がそこなわれずに、美を創り出す働きがあるのであろうか。なぜ彼等(かれら)の作るものに誤謬(ごびゅう)が少ないのであろうか。どうして不誠実なものがないのであろうか」(「アイヌへの見方」)

▼柳は「アイヌ人に送る書」でも、民族固有の文化を認めることの大切さを述べ、その文化の持つ美への感動が互いの尊敬と理解を深めるとして、国家による民族差別と同化政策を批判しました

▼それから約80年。2019年、アイヌ民族を「先住民族」と明記したアイヌ施策推進法が成立し、さらに今、先祖代々暮らしてきた土地での狩猟や漁労、採取など資源に対する権利、伝統文化を維持し発展させる権利、自己決定権や自治権等を含む「先住権」を求める機運が高まっています

▼展示の映像で知った竹製の口琴・ムックリの音色が忘れられません。木々のさざめき、川の流れ、風の音、キツネの鳴き声、遠い熊の咆哮(ほうこう)まで聞こえてくるようでした。



キャプチャ_ページ_1

キャプチャ_ページ_2

アイヌの美しき手仕事   2020年9月15日(火)~11月23日(月・祝)

内容

 当館創設者の柳宗悦(1889-1961)は、アイヌ民族の工芸文化に早くから着目し、1941年には美術館で最初のアイヌ工芸展となる「アイヌ工藝文化展」を当館にて開催しています。

 その際に染色家の芹沢銈介(1895-1984)は、同展の作品選品や展示を任されており、自身もアイヌの手仕事を高く評価し蒐集しました。

 本展では、当館の所蔵する柳のアイヌコレクションに加え、芹沢のアイヌコレクションも紹介し、併せて「アイヌを最上の姿で示した展覧であった」と柳が評した1941年の展示を一部再現します。オヒョウやイラクサなどの靭皮繊維で織られた衣裳や、本州から渡った古い木綿に切伏や刺繍を施した衣裳、そして幾何学文様が魅力的な刀掛け帯、アイヌ玉の首飾、儀礼の際に用いられる木製のイクパスイなど、アイヌの手仕事には細部にまで豊かな想像力や深い精神性、そして卓越した造形力がみなぎります。

 柳がアイヌの工芸から受けた「真実なものへの強い感銘」を本展を通して共有することで、民族の多様性を尊重する社会へと繋ぐことができれば幸いです。

主催・日本民藝館、日本経済新聞社
出品協力・静岡市立芹沢銈介美術館




キャプチャ

キャプチャ2

公式サイト➡ここをクリック




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ